KIRUNA ペンケース

KIRUNA ペンケース

自分で組み立てるペンケース

このペンケースは買ったらまず、組み立てるところから始める。とは言っても特に道具が必要なわけでもなく、いたって簡単。店頭で販売されている状態では、シート状になっている。要所要所を折ってボタンをパチンパチンととめるだけ。
KIRUNA

これはペンケースのパッケージではないが、このようなシートの状態で販売される

素材にはドイツ製のリサイクルレザーが使われている。リサイクルレザーとは、革を加工する段階でどうしても出てきてしまう打ち抜き後の革くずを再利用したものだ。その革くずを繊維状にして樹脂と混合してシート状にしている。見た目には薄めのつくりになっているが、樹脂のせいだろうか、適度なコシとハリがあり、それでいて折り曲げやすさもあわせ持っている。
KIRUNA ペンケース

横側のフタをあけて使うもよし

このペンケースが面白いのは、ペンの出し入れの口が選べるところ。幅の広い口のフタを開けて取り出すこともできれば、その横側のちょっと狭いフタも開けられ、どちらからもペンの出し入れができるようになっている。
KIRUNA ペンケース

縦に使うこともできる

KIRUNA ペンケース

横と縦の両方のフタを開ければ、中のペンも探しやすくなる。

さらには、パチンパチンとボタンを全て外せば、さながらペントレイのようにもなってしまう。ペンを取っ替え引っ替えすることが多いという人には便利かもしれない。

カラーバリエーションもとってもビビッドなので、持つのも楽しくなるアイテムだ。
KIRUNA ペンケース

机の上で使う時はこうして全開にしてもいい

KIRUNA ペンケース

ペンケース以外にもコインケースやカードケースもラインナップされている。ペンケース 3500円+Tax。コインケース 2500円+Tax~。カードケース 3000円+Tax。クラッチ 5500円+Tax。

■関連リンク
KIRUNA ペンケース
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。