ペデストリアンデッキで結ばれた安心の街づくりが進行中
「武蔵浦和」駅の新街区・複合再開発「武蔵浦和SKY&GARDEN」がデビュー

「武蔵浦和」駅前の街区

再開発で街が大きく変貌した「武蔵浦和」駅前の街区。駅とペデストリアンデッキで周辺街区が結ばれている

JR武蔵野線とJR埼京線の交わるターミナル「武蔵浦和」駅。「東京」駅や「渋谷」駅も平日の通勤時で30分圏。「池袋」駅や「新宿」駅へのアクセスも良好です。駅周辺部は、約30haの規模で再開発が進行中。既に複数の街区が完成し駅周辺部に多くのタワーマンションが建ち並んでいます。
複合公益施設サウスピア

複合公益施設サウスピアも2013年にオープン

「武蔵浦和」駅西口を出るとすぐに複合公益施設サウスピアがあります。2013年1月にオープン。南区役所とともに図書館や子育て支援センターが入っています。街に利便をもたらす公共公益施設が計画的に配置されるのも再開発の魅力です。
ナリア

2008年9月に完成した第4街区ナリア。マルエツやレストランなどが入る

既に、第1街区プライムシティ、第2街区ラムザ、第4街区ナリア、第6街区ライブタワー、第8-1街区ミューズシティが完成しておりマルエツ、Olympic、ニトリといった商業施設やスポーツクラブ、クリニック、金融機関などが入店しています。駅前の街区は、ペデストリアンデッキで結ばれ各施設や駅へのアクセスもスムーズです。
武蔵浦和SKY&GARDENの建設予定地

武蔵浦和SKY&GARDENの建設予定地。鉄道高架下のショッピングモールと広場部分が結ばれる

「武蔵浦和SKY&GARDEN」の誕生する第3街区は、第2街区ラムザの南側に位置します。鉄道高架下に連なるショッピングモールとはペデストリアンデッキでダイレクトに結ばれます。

「武蔵浦和SKY&GARDEN」の敷地面積は約19,000平米。商業地域に立地する同マンションは、最高層の棟が南向き地上32階建て地下1階建て。延べ床面積は、9万5,000平米超におよび総戸数は776戸(他事業者分譲予定住戸160戸、非分譲住戸16戸含む)になります。駅前再開発街区の中では、南側に位置する為、ランドマークとして存在感ある建物になりそうです。

売主は、新日鉄興和不動産と三菱商事、三菱地所レジデンス。設計は久米設計。施工は清水建設です。

次ページでは、商品企画について紹介します。