甲子園球場の約10倍の広大なランドプラン

最寄駅のJR東海道線「千里丘」駅は、JR「大阪」駅へ14分、JR「京都」駅へは23分と、短い時間で大阪や京都にダイレクトにアクセスできる恵まれたポジションにあります。
吹田駅

JR京都線「吹田」駅

駅からしばらく歩き、坂道を上っていくと、関西最大級の街「ザ・ミリカシティ」が姿を現してきました。周囲の緑とアースカラーの建物がよくマッチしています。
外観

周辺の緑とマッチした外観(ミリカヒルズ)

甲子園球場の約10倍といわれる広大な敷地は、ファーストプロジェクトして2013年に入居が始まった「ミリカヒルズ(633戸)と、生活施設が集まった「ミリカモールズ」、そして、2015年3月に完成した「ミリカテラス(651戸)」の3つの街区に分かれています。早速、街の中央部を通るセントラルアベニューを通って、街の中を歩いてみました。

歩いてみて、まず感じたことは、空が高く、緑に囲まれ、とても開放感があることです。道も単調ではなく、カーブがあったり、少し起伏があったりと、変化に富んでいるので歩いているだけでも楽しくなります。
外観

ミリカテラス 外観

敷地

緑の中を通る敷地内通路

また、各施設への案内板もおしゃれで、まるで外国の街にいるようです。子供たちが元気に走り回っていますが、自動車が街の中に入ってくることもないので安心ですね。また、ジョギングをしている方もおられました。街を1周するだけでもかなりの距離だと思いますが、緑に囲まれた自然の中を走っている姿はとても気持ちよさそうでした。入居者の購入決め手の第1位が「緑豊かな自然環境」というのも納得です。
緑

緑あふれる敷地

おしゃれな案内板

おしゃれな案内板

街の入口に、赤いバスが止まっていました。これは街専用の「シャトルバス」で、JR「千里丘」との間を、朝6時から夜の11時まで、365日運行しています(有料)。平日は1日51本、昼の時間帯には商業施設へも運行していますので、小さなお子様やシニアの方、自動車をお持ちでない方にも嬉しいですね。

それにしてもシャトルバス、とても可愛いです。
シャトルバス

街の専用シャトルバス
 

大人も子供も楽しめる個性的な共用施設

この街の特徴は、とにかく共用施設が充実していることです。しかも、今までに見たことがないようなものがたくさんあります。ミリカヒルズが竣工した時にも、英語で授業をする保育園「キンダーキッズインターナショナルスクール・ミリカ」や英語が飛び交うカフェ「インターナショナルカフェ」など、ユニークな共用施設がたくさんあり話題になりました。
ウエルカムプラザ

「スーパーアリーナ」や「スーパーキッズルーム」などがあるウエルカム!プラザ


一般的に大規模マンションの共用施設は子供を対象としたものが多いのですが、ミリカテラスでは、子供から大人まで楽しめる施設がたくさんあります。アウトドア体験ができる宿泊施設「ログハウス」や「バーベキューテラス」。夜中から翌朝9時まで利用できる「女子会ルーム」や「囲炉裏部屋」は大人だけでも楽しめる施設です。ます。また、一人で自分だけの時間を楽しめる、「カプセルスタディ」や「カプセルフィットネス」、「カプセルカラオケ」などの個室型の共用施設もあります。
ミリカベース

まるで秘密基地のように様々な建物がある「ミリカベース」

中でも、特に注目されているのが、「タニタ食堂」のメニューが食べられる食堂です。タニタ健康サポートも設けられるということで6月のオープンが楽しみです。
クラブハウス

タニタ食堂が入るクラブハウス


他にも、自動車やバイクのメンテナンスができる「ミリカガレージ」や「ミュージックスタジオ」など、共用施設の充実には驚いてしまいます。ミリカヒルズがディズニーランドなら、ミリカテラスはディズニーシーといった感じ。実際、多くの方が利用されており、住民同士のコミュニケーションも盛んなようです。大人も子供も笑顔になる楽しい暮らしがこの街にはあります。

子育て環境に恵まれた街

街の隣接地に吹田市立千里北小学校が今年の4月に開講しました。また「ミリカ・モールズ」には、定員120名の「彩つばさ保育」や「スイミングスクール」、親子の室内遊び場の「キドキド」など、子育てファミリーにとって嬉しい施設が身近に揃っています。
小学校

吹田市立千里丘北小学校

KIDOKIDO

親子の室内あそび場「キドキド」KIDO

スポーツクラブ

ミリカ・モールズにあるスイミングスクール

昨年、吹田徳洲会病院が開設されましたので、小さなお子様を持っておられるご家族は心強いですね。入居者の購入の決め手の第2位が「子育て・教育環境」になっているのも納得です。

また、周辺ではビッグプロジェクトが進行しており、西日本最大級の複合施設「EXPOCITY」や収容人員数約4000人の「(仮称)吹田市立スタジアム」が2015年の秋に完成予定です。北摂の中でも、新しい時代に向けて進化しているエリアなので、将来の姿がとても楽しみです。
スポーツセンター

街から見える建設中の(仮称)吹田市立スタジアム


72.19平米の3LDKが2930万円で購入可能

現在、ミリカテラス・ミリカヒルズとも販売中です。ミリカテラスは、面積72.19平米~93.12平米、3LDK~4LDKの住戸が2930万円~4500万円。ミリカヒルズは90.74平米~108.73平米の4LDKが3535.9万円~4582.5万円。

広めのゆったりとした住戸が3000万円未満で購入できるのも嬉しいですね。実際の建物を確認することができますし、住んでいる人たちの姿も見ることができますので、緑溢れた環境で子供を育てたいという方や、家族で楽しい生活を実現したいと思っている方は、是非一度見に行っていただきたいマンションです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。