銀行や郵便局等の口座から自動振替で貯める

銀行や信用組合、ゆうちょ銀行、証券会社などの金融機関の口座から、定期的に自動振替で貯めることができる金融商品には、元本保証の預貯金とリスクのある商品があります。銀行でもリスクのある金融商品を取り扱っているので注意が必要です。

<元本保証の商品>
■自動積立定期預金やオート定額・定期貯金
銀行や信用組合、ゆうちょ銀行、信用金庫などが取り扱っている。口座から自動振替で毎月一定額を積み立てるが、銀行によって「スポット的に追加積立ができる」「中途解約ができる」「指定日に積み立てたお金をまとめて定期預金に預けかえる」など様々である。最低積立金額も銀行により異なり、1000円以上で積立可能な銀行も増えている。

【関連記事】
 給与天引き・自動積立で貯蓄力をつけよう!


<リスクがある商品>
■積立型投資信託
銀行や信用組合、ゆうちょ銀行、証券会社などが取り扱っている。指定した投資信託を毎月一定額購入する。多くは1万円以上1000円(1円)単位で積み立てるが、1000円以上1000円単位で積み立てることができる証券会社もある。

■るいとう(株式累積投資制度)
指定した株式を毎月一定額購入するもので、証券会社が取り扱っている。積立は1万円以上1000円単位が多い。

【関連記事】
欲しい株式や投信を自動積立する!


保険で貯める

あ~、私に会う個人年金保険ってどどれ~。難しくてわかんな~い……。

あ~、私に会う個人年金保険ってどどれ~。難しくてわかんな~い……。

老後の生活資金のために利用する貯蓄型の保険商品の代表に個人年金保険があります。積み立てた(一時払いもある)保険料を、年金のように分割して一定期間あるいは終身で受け取ります。年金額が決まっている定額型と、保険料の運用次第で年金額が決まる変額型の2つに大別できます。生命保険会社や損害保険会社、かんぽ生命、共済などが取り扱っており、保険料は、一定の要件を満たせば個人年金保険料控除(生命保険料控除)が受けられます。商品設計や手数料、解約時の条件など非常に複雑です。対象商品について詳しい説明を受け、十分に理解・納得するまでは加入しない、くらいの気持ちで検討することが必要です。


以上、手間なくコツコツと積み立てることができる金融商品のアウトラインをご紹介しました。それぞれの商品にはメリットとデメリットがあります。利用する前に、中途解約や換金する場合の条件、税制上の優遇、商品設計などを細部にわたり理解し、検討することをお勧めします。

【関連記事】
現役時代からの老後のお金の上手な貯め方

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。