貯める基本姿勢と金融商品

この山の3合目あたりまで貯まったな。頂上まではまだまだ……。

この山の3合目あたりまで貯まったな。頂上まではまだまだ……。

老後資金として定年退職までに貯めておきたい金額は、一般に「3000万円-退職金」と言われます。退職金が2000万円前後なので、貯金の目標額はおおよそ1000万円です。これだけの金額を現役時代に貯めるには、
  • 毎月一定額を貯める
  • 賞与はないものとして貯める
  • 手間をかけない
  • 途中で絶対に取り崩さない
  • 優遇税制の金融商品を利用する
  • ある程度リスクのある金融商品も対象に考える
などを基本姿勢に、できるだけ早く1000円からでも始めることです。勤労者が老後資金作りに利用できる代表的な金融商品を、次の3つに分けてご紹介します。
  • 給与や賞与から天引きで貯める
  • 銀行や郵便局等の口座の自動振替で貯める
  • 保険商品で貯める

「給与から天引きで貯めるす」については次ページで

【関連記事】
老後のための貯蓄額、いくら必要?