【再開店後の記事はこちら】
東京のフレンチ実力店!伝説のオヤジシェフ4人の復活
(2017年)


カフェという名のレストラン

2012年の7月に東京メトロ赤羽岩淵駅の上に、カフェが開店した。外観はカジュアルさを感じるものの、席に着くとそれはただのカフェではなかった。紛れもないないレストランだ。

でぐち壱番

地下鉄の入口のすぐ隣なのでアクセスは抜群

薗部シェフはこれまでフランス各地の伝統あるレストランで研鑽を積み、2000年に六本木にポワン・ドゥ・デパーを開店。切れ味鋭い料理とマダムの暖かいサービスで一世を風靡したレストランがあった。
赤羽岩淵

ほっとするテーブルセッティング



ビルとのトラブルで退転を余儀なくされた話は割愛するが、ひとりの有能な料理人とそのマダムの人生は2010年に大きく変わった。料理界から消えていく料理人もいれば人気の新業態のレストランで再生する料理人もいる。
赤羽岩淵

内臓料理のメニューが比較的多い

そんな中、シェフとマダムは不運とも思われる過去を清算しつつ、赤羽岩淵という静かな街で煌々としたフレンチの光を灯している。
赤羽岩淵

茸たっぷりのラヴィオリにシャンピニオンのソースがぴったり