ネットワーク中継機とは

ここで扱うネットワーク中継機とは、無線LANの電波を途中で増幅して中継する機器だ。親機と子機が離れていると、通信がつながらなかったり、速度が落ちたりする。そんなときは、ネットワーク中継機を使おう。

今回は、PLANEXのネットワーク中継機である「忠継大王 MZK-EX300NP」を利用して、その使い勝手と性能をレビューしてみよう。

(注)今回掲載した写真は、開発機の写真。製品版とは外観が一部異なる。

外観と仕様

MZK-EX300NPの外観

MZK-EX300NPの外観。後ろに電源用のコンセントがある。

外観は、右の写真のようにユニークなデザインだ。機械機械していないので、おしゃれな部屋にもマッチする。設置場所のコンセントを1つ占有するが、犬の眼の部分が代替コンセントになっているのでコンセントの数は減らない。筐体は、iPhoneを厚くしたような形状で邪魔にならない。

消費電力は、最大3Wだ。対応している無線LANの通信規格は、11n/11g。11aや11acには対応していない。

対応する無線LANのセットアップ方式は、WPSのみとなっている。しかし、ここ5~6年間に発売されている一般的なルーターにはWPSが搭載されているはずだ。現に、筆者の無線LANルータは、BuffaloのAOSS方式対応のWZR-HP-AG300Hだが、問題なく利用できた。

ただ、Appleの無線LANルーターはWPS規格に対応していない。たとえば、AirMac Express/AirMac Extreme/AirMac Time Capsuleとの接続を中継することはできない。

次は、セットアップの様子を見てみよう。