古い角質が肌をくすませる!?

q

肌がごわつく時は角質ケアのサイン

「なんだか肌がザラザラしている」、「肌荒れでファンデーションがうまくのらない」と感じる時はありませんか?それは、顔に古い角質が残っているせいかもしれません。

また、肌がくすんで見えるという時も、角質が影響している可能性が高いです。

ちなみに、みなさんは顔の「角質ケア」していますか?

肌の表面を覆っている角質は、外部からの刺激から肌を守る大切なバリア機能を持っています。そして、表皮の奥から順々に角質は作られ、表皮表面へと上がっていき、古い角質が剥がれ落ちるようになっています。いわゆるこれが、ターンオーバーと呼ばれるものです。

でも、肌が乾燥し水分を不足している状態の場合には、ターンオーバーがしっかりと行えず、古い角質もはがれにくい状態になってしまいます。

また、紫外線も角質を厚くしてしまう原因のひとつ。角質と紫外線というと、なんだか関係がない様な気もしますが、肌は紫外線から守ろうとする働きがあります。

次に、摩擦なども角質を厚くしてしまうことがあるので要注意。洋服からの摩擦、洗顔での摩擦などは、肌へ刺激を与えてしまっていることになりますから、こういった刺激により肌を守ろうと角質が厚くなってしまいます。

更に、ビタミン不足や加齢などによるホルモンバランスの乱れなども原因の1つと考えられています。


「角質ケア」って面倒

原因がわかったら、今度は実際に角質ケアを行ってみましょう。

角質ケアと聞いて、まず思い浮かべるのが「ピーリング」。

このピーリングには、
グリコール酸配合のジェルを塗って行う「ケミカルピーリング」と
レーザー光による科学的作用で行う「レーザーピーリング
の2種類あります。

どちらも、皮膚科やエステサロンなどで行うのが一般的ですが、最近では自宅でも手軽にできるものもかなりあります。

でも、ピーリングは自分でやるのが面倒とか、剥がしすぎてしまって危険というイメージもあり、自分でするのはちょっと……なんて思っている人もいるのではないでしょうか?

角質ケアには、ピーリング以外にも、角質ケアを簡単に自宅でする方法として洗顔やふき取り化粧水、ふき取り美容液などがあります。これらは、毎日のスキンケアで出来るものなので、肌にも安心です。

そこで、次のページでは安心安全かつ、手軽にできる角質ケアアイテムをご紹介します。