見た目印象はビジネススキルの1つ

その1

 

顔ヨガとは表情筋のエクササイズです。毎日続けることで今まで意識していなかった顔の筋肉がスムーズに動き出し、見た目の印象を変えることができます。表情豊かに気持ちを表現することができ、コミュニケーション能力が優れていきます。

人との関わり合いの中で「印象」はとても重要です。コミュニケーションにおいて、ノンバーバル(言葉以外でのコミュニケーション)が占める割合が9割といわれ、人は言葉以上に顔の表情からの「印象」で大事な情報をやり取りしているのです。

ビジネスでは、多くの人との関わり合いが求められます。様々な考えを持つ人たちと円滑に情報をシェアしていくためには、ビジネススキルとしてのコミュニケーション能力が問われます。また、プロジェクトのリーダーともなれば、高度なコミュニケーション能力だけでなく、人を巻き込む熱意も必要とされるでしょう。

仕事とは関係者とのコミュニケーションそのものです。この関係をスムーズにするためのカギはあなたの「表情」にあるのです。表情豊かに、あなたの意思や正しい情報を伝える能力を高め、職場でのコミュニケーションを円滑にすることができるのが「顔ヨガ」。ビジネスに焦点を当て、仕事に役立つ顔ヨガポーズをご紹介します。

表情に責任を持ちましょう!

あなたは普段どんな顔で仕事をしていますか?重要な会議で発表をする時、自信ある表情で発言していますか? PCに向かっている時、上司や部下とやり取りをする場合はどうでしょうか?

あなたの印象を決める重要なパーツが顔のはずなのに、意識をしたことがないのでは? 顔ヨガで表情をコントロールできるようになると、どう自分を演出し、相手にどう思われたいか、意図的に伝える方法が見いだせます。

表情コントロールで気持ちもリフレッシュ!

顔ヨガは顔の表情筋を鍛えストレッチすることで、柔軟な表情筋を作ります。表情筋は顔の中に60種類ほどあり、動かすことで筋肉はしなやかさや弾力を取り戻し、引き締まった顔を作ります。

それだけではなく、顔ヨガは頭=脳に近い筋肉を「意識して」動かすことによって、脳を活性化する働きがあります。顔ヨガの監修をしていただいている、大阪市立大学医学部教授井上正康先生もそのように指摘されています。さらに、顔ヨガは顔や脳の血行をよくするので、酸素や栄養素がいきわたり、脳機能の6割が活性化される有効性もあります。顔ヨガで気持ちを入れ替え、仕事の能率化、リフレッシュ効果も期待できるのです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。