ミシュランガイド香港マカオ2014

ミシュランガイド総責任者のマイケル・エリス氏(写真右) (c) Michelin Asia (HK) Ltd

ミシュランガイド総責任者のマイケル・エリス氏(写真右) (c) Michelin Asia (HK) Ltd

ミシュランガイド香港マカオ2014表紙 (c) Michelin Asia (HK) Ltd

ミシュランガイド香港マカオ2014表紙 (c) Michelin Asia (HK) Ltd

待望の「ミシュランガイド香港マカオ2014」が2013年12月6日に発刊されました。香港マカオ版は東京に次ぐアジアで2番目のミシュランガイドとして2007年に創刊され、今年で6年目となります。ミシュランガイド香港マカオ2014では、全部で284のレストランとホテルを掲載。そのうち、マカオのレストランは56軒で、星付きの評価を受けた施設は11軒となりました。

香港で華やかに開催された発刊記者会見に出席した第7代総責任者のマイケル・エリス氏によると、香港マカオ地区ではレストランの質が向上を続けており、選択肢も広がっていると語っています。また、調査員がくまなく街を歩き、各料理ジャンルから新しい星付きレストランの発掘に努めているとのこと。実はこれまでマカオではホテル内にある中華及び西洋料理からの選出しかなかったのですが、今年は独立店や新ジャンルが登場したことで、新時代を予感させる展開となったことにも注目されます。

ミシュランガイド香港マカオ2014は香港、マカオ地区で12月6日発売、日本を含む東南アジア地区でも12月下旬より順次発売開始の予定とのこと。中国語(繁体字)と英語の2言語併記版で、価格は198香港ドル。

星付きレストラン

早速、2014年版で星付きの評価を獲得したレストランを紹介してまいりましょう。マカオで星を獲得した店は2013年版から4軒増の合計11軒。三ツ星が2軒、二ツ星が2軒、一ツ星が7軒となります。

三ツ星

高層階(49階)に位置し、美しい眺望も楽しめるロブション・オ・ドーム (c) Grand Lisboa Macau

高層階(49階)に位置し、美しい眺望も楽しめるロブション・オ・ドーム (c) Grand Lisboa Macau

今回初めて三ツ星への昇格を果たしたエイト (c) Grand Lisboa Macau

今回初めて三ツ星への昇格を果たしたエイト (c) Grand Lisboa Macau

ロブション・オ・ドームが創刊から6年連続の三ツ星評価をキープ。エイトが昨年の二ツ星から昇格を果たしたことで、創刊後初めて単独三ツ星体制を打破するかたちとなりました。なお、どちらのレストランもグランドリスボア内にあり、単一施設に複数の三ツ星レストランを抱える世界的にも珍しいホテルとなっています(この他、一ツ星レスラン1軒も同施設内)。

二ツ星

長く二ツ星の座をキープするジーヤッヒン (c) Four Seasons Hotel Macao

長く二ツ星の座をキープするジーヤッヒン (c) Four Seasons Hotel Macao

オープン後、2年連続の二ツ星獲得となったゴールデン・フラワー (c) Wynn Macau

オープン後、2年連続の二ツ星獲得となったゴールデン・フラワー (c) Wynn Macau

2013年版では4軒あった二ツ星レストランですが、2014年版ではうち1軒が三ツ星へ昇格、1軒が一ツ星へ降格となり、2軒となっています。今回、二ツ星評価を得た2軒はどちらも前回版に引き続いての掲載で、安定した人気を誇る高級中華料理レストランです。
  • ゴールデン・フラワー(中国北方料理)ウィンマカオ
  • ジーヤッヒン(広東料理)フォーシーズンホテルマカオ内

  •  

一ツ星

エスニック系として初めて星を獲得したゴールデン・ピーコック。本場インドからやってきた観光客が列をなすほどの人気 (c) The Venetian Macao

エスニック系として初めて星を獲得したゴールデン・ピーコック。本場インドからやってきた観光客が列をなすほどの人気 (c) The Venetian Macao

新装オープン後、初めて一ツ星獲得となったジェード・ドラゴン (c) City of Dreams

新装オープン後、初めて一ツ星獲得となったジェード・ドラゴン (c) City of Dreams

2013年版では2軒だった一ツ星レストランが、一気に7軒にまで拡大。新顔の登場もあり、賑やかなラインナップとなっています。7軒のうち、昨年から継続して一つ星を維持したのがザ・テイスティングルームとティムズ・キッチンの2軒。

注目すべきは、高級インド料理レストランのゴールデン・ピーコックと、飲茶が好評の広東料理のキング。前者はエスニック系として初めて、後者はホテル以外の場所にあるレストランとして初めて星付き評価を得ています。

この他、300パタカ(約3900円)以下でコース2皿とデザートを味わえる「ビブグルマン」評価を受けた店が9軒ありました。

マカオは急速な経済発展を遂げており、大型カジノリゾートホテルのオープンラッシュが続いています。もともと美食の都として知られるマカオですが、今後ますます魅力的な新規レストランが登場すると期待できます。次年度はさらに星付き評価を受けるレストランが増えることでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。