ウィン・マカオ概要

エクステリア

南灣湖畔からウィン・マカオを望む。手前(左)がウィン・マカオ本館、右奥の高い建物が新館アンコール棟

ロビー

シックな雰囲気のホテルロビー (c) Wynn Macau

2002年にマカオのカジノ経営権が海外資本に開放されたことに伴い、ラスベガスを拠点にカジノリゾートを運営するウィン・リゾーツがマカオ進出を決定。その後、2006年夏にマカオ半島中心の一等地に「ウィン・マカオ」が開業しました。

外観やインテリアなど、ウィン・ラスベガスの雰囲気が忠実に再現されており、マカオで最もラスベガスらしさを感じさせるリゾートの1つ。館内はシックでオシャレな印象で、高級感が漂います。中国人はもとより、西洋人や日本人の利用者が多いのも特徴。美意識の高いことで知られるオーナーのスティーブ・ウィン氏もマカオを頻繁に訪れ、クオリティ管理を徹底しているとか。なお、2010年春には隣接する敷地に新館「アンコール」も開業。今後、2015年までにコタイ地区に新リゾートを建設することも発表しています。

ゲストルーム

デラックスキング

デラックスキングタイプの客室の一例 (c) Wynn Macau

アンコール客室

少女のイメージと例えられるラブリーな新館アンコール棟の客室 (c) Wynn Macau

客室もスティーブ・ウィン氏の監修が行き届いた優雅でオシャレな雰囲気で、なんとなく女性的な優しい印象も感じさせるインテリア。最もスタンダードなタイプのデラックスルームでも約56平方メートルの広さがあり、床から天井まで届く大きな窓からの美しい眺望も楽しめます(眺望は客室によって南灣湖方向か市街地方向のどちらか)。

客室には高速インターネット回線や大型液晶テレビ、さらにiPod用のドックも用意されるなど、最新機器が揃います。ホテルオリジナルの高品質素材を使ったベッドリネンや、Desert Bambuブランドのバスアメニティなどを導入しているのも嬉しい。リネンやアメニティなどを気に入った場合はホテル内のショップにて購入することも可能です。新館「アンコール」の客室は、よりカジュアルでラブリーな雰囲気となっているので、比較してみるのもいいかも。

レストラン

ウィンレイ

豪華なインテリアの広東料理レストラン「ウィンレイ」 (c) Wynn Macau

イルテアトロ

イルテアトロ店内 (c) Wynn Macau

レストラン、カフェ、バーのラインナップも大充実のウィン・マカオ。広東料理、イタリアン、日本料理の高級店から、気軽なカフェやヌードルバー、さらにスターバックスコーヒーまで目的や予算に応じてチョイスが豊富。

中でも注目なのがミシュランガイドで1つ星を獲得した2軒のレストランでしょう。1つが広東料理の名店「ウィンレイ(永利軒)」、もう1つが本格イタリアン「イルテアトロ」。ウィンレイは壁面に9万個のスワロフスキークリスタルを使ったというドラゴンのデコレーションをあしらった超ゴージャス系。味も確かで見た目も美しいという点心が自慢です。イルテアトロはオープンキッチンのある店内で、ピザや手作りパスタを楽しめます。窓からは音楽に合わせて光と水が繰り出す噴水ショーも鑑賞できます。

館内施設

屋外温水プール

リゾート感いっぱいの屋外温水プール (c) Wynn Macau

ウィン・エスプラナード

深夜まで営業する店が多い「ウィン・エスプラナード」 (c) Wynn Macau

館内には広々したリゾート感いっぱいの屋外温水プールにフィットネスジム、ビジネスセンターなどを完備。さらに、大型カジノと日本人観光客に人気の欧米系高級ブランドがズラリと揃ったショッピングモール「ウィン・エスプラナード」があります。また、ウィン・マカオ本館と新館のアンコール棟の両方にそれぞれ1箇所ずつハイクオリティなスパにも注目。

Wynn Macau(ウィン マカオ)

powerd by エクスペディア

Macau,マカオ|Macau,マカオ

住所:
Rua Cidade de Sintra Macau, ,Macau
電話番号:
+853 28 88 99 66
ホテルクラス:
★★★★★(5.0)

ご予約はこちら≫

<DATA> ■Wynn Macau(永利澳門)
住所:澳門外港填海區仙徳麗街(マカオ半島)
料金:3000パタカ~
アクセス:マカオとタイパの各フェリーターミナル、マカオ国際空港などから無料シャトルバスを利用。タクシーならマカオフェリーターミナルから約5分、タイパフェリーターミナルから約15分程度

ガイド厳選、マカオのホテル情報はこちら>>マカオのホテル
ウィン・マカオのスパも紹介!>>マカオの人気スパ
ウィン・マカオのカジノ紹介>>マカオのカジノ
ウィン・エスプラナードの紹介>>マカオのショッピングモール
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。