豪華リゾート内の大型カジノ:マカオ半島

友誼大馬路付近はカジノ激戦区に (c) Miyuki Kume

友誼大馬路付近はカジノ激戦区に (c) Miyuki Kume

フェリーターミナルとホテルリスボアの間を南北に貫くメインストリート友誼大馬路の両側に大型施設と老舗の中規模カジノが軒を連ねるカジノ激戦区になっています。

マカオ半島1 サンズ・マカオ

風水で金運を呼び込みやすい設計にって入るという。 (c) Sands Macao

風水で金運を呼び込みやすい設計になっているという (c) Sands Macao

フェリーの中からも見えるほど目立つ外観。 (c) Sands Macao

フェリーの中からも見えるほど目立つ外観 (c) Sands Macao

2004年5月、マカオ初のラスベガス型カジノリゾートとして開業。以来、2009年夏までに4300万人もの入場者数を記録した超人気カジノの1つです。カジノフロアの中央は吹き抜け構造になっており、その光景は圧巻そのもの。巨大カジノだけにゲームの種類、台数ともに充実! また、カジノ内にはアメリカンスタイルのビュッフェをはじめ、ポルトガル料理、広東料理、ステーキハウスといった本格レストランもズラリと揃います。

<DATA>
Sands Macao
住所:Largo De Monte Carlo 203
TEL:+853-2888-3388

 

マカオ半島2 ウィン・マカオ

センスのよさを感じるカジノ。 (c) Wynn Macau

センスのよさを感じるカジノ (c) Wynn Macau

本館の隣に高層棟「Encore」を建設中。 (c) Wynn Macau

本館の隣に高層棟「Encore」を建設中 (c) Wynn Macau

友誼大馬路の南端、南灣湖畔に建つシックで高級感溢れるリゾートホテル、ウィン・マカオのカジノ。会長のスティーブ・ウィン氏のこだわりがディテールまで行き届いており、本場ラスベガスにいるかのような気分に。アメリカの高級リゾートを感じさせる雰囲気ながらも、テーブルゲームは地元で人気のバカラ、大小を中心に各種揃い、マシンカジノの台数も豊富。

<DATA>
Wynn Macau
住所:Rua Cidade de Sintra, NAPE
TEL:+853-2888-9966

 

マカオ半島3 グランド・リスボア

天井が高く開放感あるメインフロア (c) STDM

天井が高く開放感あるメインフロア (c) STDM
 

派手な外観はマカオの新たなシンボルに (c) Miyuki Kume

派手な外観はマカオの新たなシンボルに (c) Miyuki Kume

地元カジノ資本の最大手STDMのフラッグシップ施設。度肝を抜く外観デザインはもちろん、全8フロアのカジノ内部も豪華絢爛そのもの。2007年2月に開業して以来、早くもマカオの新ランドマークとして定着しています。ステージでは妖艶な外国人ダンサーのショーなどが行われるなど、古きよきマカオのクラシックスタイルと最新ラスベガススタイルの両方を兼ね備えたマカオを象徴するカジノの代表格。リスボア旧館とも通路で直結しています。

<DATA>
Grand Lisboa
住所:Avenida de Lisboa
TEL:+853-2828-3838

 

マカオ半島4 スターワールド

メインフロアの様子。 (c) Galaxy Entertainment

メインフロアの様子 (c) Galaxy Entertainment

モダンな外観。 (c) Galaxy Entertainment

モダンな外観 (c) Galaxy Entertainment

2006年、カジノ経営権の対外資本への開放によって参入した香港のギャラクシー・エンタテインメント社によってオープンしたカジノ。友誼大馬路に面した一等地に建っています。約260のテーブル、500台のスロットマシンが並ぶ大型施設で、メインフロアは天井も高く開放的。都会的な外観に比べ、一歩エントランスへ足を踏み入れると、煌びやかで豪華な雰囲気に満ち溢れています。

<DATA>
StarWorld Macau
住所:Avenida de Amidaze, NAPE
TEL:+853-2838-3838