旅行前に知っておきたい、マカオの基本情報

ここ数年、年間3000万人を越える渡航者が訪れる人気観光地として注目を浴びるマカオ。歴史の教科書にも登場するなど日本人にとって地名自体は馴染みの深いマカオですが、実際にどこにあって、どんな場所なのかはあまり知られていないのが現状。まず、基本的なところからマカオを知っていきましょう。

マカオの魅力

世界遺産が建ち並び、大航海時代の面影を今に伝えるマカオ (c) Miyuki Kume

世界遺産が建ち並び、大航海時代の面影を今に伝えるマカオ (c) Miyuki Kume

煌くカジノのネオンもマカオを代表する風景の1つ (c) Miyuki Kume

煌くカジノのネオンもマカオを代表する風景の1つ (c) Miyuki Kume

夜の町を彩るカジノ街のネオン、南欧の雰囲気を感じさせる石畳の道と世界遺産群、高級食材をふんだんに使った本格広東料理に大航海時代がもたらしたポルトガル料理、勢いあふれる下町の中国カルチャー、超豪華リゾートホテルステイ、一流ブランドが集う巨大ショッピングモール、ラスベガス型本格エンタテインメント、ゴルフ……。これ、すべて一年中マカオで楽しめます!

マカオグランプリや花火大会など、季節ごとに行われるイベントも盛りだくさん。一言で表現するなら、マカオは見どころいっぱいのエンタテインメント・リゾート・シティ。マカオ全体がテーマパークといってもいいでしょう。「東洋のモンテカルロ」改め、最近では「アジアのラスベガス」ともいわれますが、マカオの魅力はカジノと世界遺産だけじゃではありませんよ。一度マカオを旅すれば、きっとあなたもリピーターになる。そんな不思議なパワーをもった奥深い都市が「マカオ」です。

 

マカオの位置

街角に設置されたマカオの地図で、現在地や目的地の地理感覚を把握しておきたい。

町角に設置されたマカオの地図で、現在地や目的地の地理感覚を把握しておきたい

さて、マカオが一体どこにあるのか地図上で示すことができますか? マカオは東京から約3000キロ南東の南シナ海に面した場所、中国3大河川の1つ珠江(パールリバー)の河口付近に位置しています。香港からは、海を隔てて西へ約50キロの距離。

マカオといえば1つの島と思われがちですが、中国広東省と陸続きのマカオ半島、タイパ島、コロアン島という2つの離島、さらに両島の間に造成された埋立地コタイ地区で構成されています。

マカオの面積は約28平方キロと東京・世田谷区の約半分ほどの大きさ。ここに約50万人の人が暮らす世界で最も人口密度が高い地域のひとつなのです(埋め立てによって面積は少しずつ拡大中)。なお、日本とマカオの時差は1時間。日本の正午はマカオの午前11時です。サマータイムはありません。

 

マカオと中国の関係

マカオ特別行政区のシンボルはグリーンのハスの花。

マカオ特別行政区のシンボルマークは、ハスの花

マカオとは地域の名称で、正式には「中華人民共和国マカオ特別行政区」。1999年12月20日にポルトガルから中国へ返還され、一国二制度の下、特別行政区となりました。中国への返還後も、外交や防衛といった一部の事項を除き、憲法に相当するマカオ基本法に基づき、返還後50年間はポルトガル統治時代から続く既存の社会システムが維持されることになっています。

中国の一部になってからも引き続きマカオにはイミグレーションが存在しており、中国本土や同じく特別行政区の香港とマカオを往来する際にも入国審査でパスポートが必要。パスポートには漢字とポルトガル語が刻印されたマカオ独自のスタンプが押されるので、これも旅の記念になるでしょう。