マカオのスーパーは手軽な食品系お土産の宝庫!

食品の一例

地元スーパーで手に入るマカオらしい食品類の一例。日本人にとっては珍しいポルトガル産食品の数々もマカオでは日常的

ご近所さんや同僚に配るための手頃な価格のお土産品を探すなら、地元スーパーが最適。地元の人たちが日常生活の中で利用するスーパーだけに食品類や生活雑貨が豊富。ポルトガルワインからスナック菓子や缶詰などなど、安価かつマカオらしい品々がズラリと揃います。きっと自分用にもたくさん買いたくなってしまうはず。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
※当記事内に記載の商品価格は取材時のものです。実際の価格は店舗により異なりますので、目安としてご利用ください。

人気ナンバーワンのマカオ土産! ポルトガルワイン

ワイン棚

スーパーのワインコーナーにはポルトガル産を中心に数多くの銘柄がズラリと並ぶ(写真はスーパー「パビリオン(百利來)」のワイン棚)

マテウス

日本でも比較的知名度の高いポルトガル産ワインといえば「マテウス」も(ロゼ45パタカ、白43パタカ)

最も人気のマカオ土産といえば、ポルトガル産ワインでしょう。マカオのポルトガル料理店で味わってみてファンになったという人も多いはず。日本国内ではほとんど見かけないため、気に入ったものはマカオで買っておくようにしたいところ。

観光地近くのお土産店、フェリーターミナルなどでも取り扱いがありますが、価格の安さと品揃えの豊富さを考慮すると地元スーパーで買い求めるのが有利です。あまりの種類の多さにどれを買ったらいいか迷ってしまう……そういった場合はポルトガル料理店で飲んだワインの銘柄を控えておくといいかも。スーパーでは週替わりで特定の銘柄をセール販売することもあるため、その中からチョイスするのもいいでしょう。

値段は高いものから安いものまで幅広く存在しますが、一般的に100パタカ前後(約1000円)あたりのものが無難です。マカオで暮らすガイド自身もそのくらいの価格帯のワインをいつも選択しています。

日本へ帰国する際のワインの免税範囲は1人3本まで。液体物にあたるため飛行機では預け入れ荷物の中にしっかり梱包しておきましょう。