第4位 長谷寺(長谷観音)

4位は、大仏様のご近所の長谷寺。長谷寺は「海光山」という山号のとおり、境内からの海の眺望が最高のお寺!

ご本尊の「長谷観音」は、9.18mもある、巨大な十一面観音像。全身に金箔が施されていて、そのお姿は目映い(まばゆい)ばかり。

長谷観音というと、奈良の長谷観音が有名。じつは、奈良と鎌倉の長谷観音は、同じ1本の楠(くすのき)の霊木から彫り上げられた兄弟(姉妹?)であるという伝説があります。お寺でいただけるパンフレットに、そのお話が書いてありますので、チェックしてみてください。

長谷寺の紫陽花

長谷寺の紫陽花


長谷寺は、北鎌倉の明月院と並ぶ、鎌倉の紫陽花(あじさい)の名所。6月には色とりどりの紫陽花が、境内の裏山を埋め尽くさんばかりに咲きます。

長谷寺の紅葉ライトアップ

長谷寺の紅葉ライトアップ


晩秋には、鎌倉のお寺では唯一、紅葉の夜間ライトアップを行います。

<DATA>
■長谷寺(長谷観音)
住所:鎌倉市長谷3-11-2
アクセス:江ノ電長谷駅より徒歩5分
地図・拝観案内


第5位 報国寺(竹寺)


報国寺(竹寺)の竹の庭

報国寺(竹寺)の竹の庭


5位の報国寺(ほうこくじ)は、ゆったりしたい人におすすめのお寺。本堂裏手の、一面に竹が植えられた庭から「竹寺」といわれます。

無数の孟宗竹の竹林の中に、所々、灯篭や石仏を配したシンプルな庭は、和の風情を味わうのにぴったり。時折、竹林を吹き抜ける風の中で、カサカサとざわめく竹の葉擦れの音に、耳を澄ませてみましょう。「癒やし」の効果、バツグンです!

休耕庵の抹茶

休耕庵の抹茶


竹の庭の片隅には『休耕庵』という茶席があり、竹の庭を眺めながら、抹茶とお菓子をいただくことができます。至福のひととき!

抹茶をいただいた後は、竹の庭の中を、のんびり散歩してみましょう。

<DATA>
■報国寺
住所:鎌倉市浄明寺2-7-4
アクセス:鎌倉駅東口より、「鎌倉霊園・太刀洗」行、「金沢八景駅」行バスなどで 「浄明寺」下車徒歩2分
地図 / 拝観案内
茶席『休耕庵』:拝観入口にて「抹茶希望」と申し出て500円を納め、いただいたチケットを茶席に持参。

効率よく観光するには?

最後に、ご紹介した観光名所ベスト5を効率よくまわるルートをご案内したいと思います。ハイキングコースを歩くと、鎌倉市内を効率よく移動できる場合があります。

鎌倉ハイキングコースの地図

まず、銭洗弁財天に向かうなら、JR横須賀線の北鎌倉駅からスタートし、浄智寺のわきから「大仏・葛原ヶ岡ハイキングコース」に入り、源氏山公園を目指します。銭洗弁財天は、源氏山公園のすぐ近く。

銭洗弁財天をお参りしたら、ふたたびハイキングコースに戻り、そのまま、長谷エリアの鎌倉大仏と長谷観音に向かいましょう。

長谷駅に停車中の江ノ電

長谷駅に停車中の江ノ電


その後は、長谷駅から、江ノ電で鎌倉駅へ移動。鎌倉駅から鶴岡八幡宮へは、徒歩10分程度。

鶴岡八幡宮前からバスで『浄明寺』バス停まで移動し、竹寺・報国寺で抹茶体験。時間に余裕があれば、近くの浄妙寺まで足を伸ばしてみるのも良いでしょう。浄妙寺境内には、『石窯ガーデンテラス』というオススメのレストランもあります。

帰りは、バスで鎌倉駅へ戻り、鎌倉駅近くの商店街『小町通り』で、お土産を購入。これで、鎌倉を一日楽しむことができるでしょう。

なお、鎌倉のハイキングコースは、標高はそれほど高くはないものの、一部、歩きづらい岩場などもあります。動きやすい服装、滑りにくい靴、飲料水など、山歩きの最低限の準備は必要です。

↓こちらの記事もおすすめです。

大仏、鶴岡八幡宮など、人気観光名所7ヶ所を一日で歩くおすすめモデルコース
鎌倉観光モデルコース 人気名所7ヶ所を一日で歩く!

お寺めぐりだけじゃない! ランチ・絶景・ツアーなど、鎌倉で体験したいことベスト33
鎌倉・江ノ島観光で、これは体験してみたいと思う33のこと



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。