第2位 鶴岡八幡宮

2位は、鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)。正月三が日の初詣客の数が、毎年、全国10位以内にランクインする全国有数の神社で、鎌倉を訪れる多くの人が立ち寄る、鎌倉観光のメッカ。

鶴岡八幡宮は、いわば「鎌倉の中心」ともいうべき存在。京都生まれの源頼朝は、鎌倉を京都(平安京)のようにしたいと考えました。京都の中心は、天皇の住まいである「京都御所」ですが、鎌倉では「武家の都」にふさわしく、源氏の氏神である「八幡神」を中心におまつりして、街づくりを進めたのです。

鶴岡八幡宮の境内では、年間を通して、多くの伝統行事・祭事・イベントなどが行われています。

神前式

神前式


週末は、境内の「舞殿」で神前式を挙げる、伝統衣装を身にまとった新郎新婦さんに出会うこともしばしば。

静の舞(春の鎌倉まつり) 写真提供:鎌倉市観光協会

静の舞(春の鎌倉まつり) 写真提供:鎌倉市観光協会


毎年4月に行われる『春の鎌倉まつり』は、鎌倉がとても盛り上がる観光イベント。馬上から次々と矢で的を射る「流鏑馬(やぶさめ)」や、義経と静御前の悲恋物語に材をとった「静の舞」の奉納などが、鶴岡八幡宮境内で行われます。

鶴岡八幡宮の冬牡丹

鶴岡八幡宮の冬牡丹


源氏池の桜

源氏池の桜


四季折々の花や自然も美しく、お正月の初詣の頃から2月の上旬くらいにかけては、境内の源氏池のほとりで、雪よけの薦(こも)の中で冬牡丹(ぼたん)が大輪の花を咲かせます。

春には桜、夏には蓮が咲き、晩秋には数こそ多くないものの、紅葉も楽しむことができます。

<DATA>
■鶴岡八幡宮
住所:鎌倉市雪ノ下2-1-31
アクセス:鎌倉駅東口より徒歩10分
地図 / 拝観時間:6:00~21:00(年末年始のみ24時間) 拝観料なし(宝物殿は有料)


第3位 銭洗弁財天

3位の銭洗弁財天は、鎌倉で大人気の観光名所。人気の理由は、なんといっても、その御利益。境内に湧く泉の水でお金を洗うと、お金が何倍にも増えるといわれているのです!

銭洗水でお金を洗う

銭洗水でお金を洗う


境内の奥宮に湧いているのが、いわゆる「銭洗水」といわれる湧き水。ザルとヒシャクを貸してもらえるので、ザルにお金をのせて、お金を洗います。

洗ったお金は、ハンカチなどで拭いて、そのまま使ってしまうのが良いのだそうです。「金は天下のまわりもの」といいますが、使ったお金が他の人を豊かにし、めぐりめぐって、自分に富をもたらしてくれる、ということなのでしょう。

『御宝銭』と『おたから小判』

『御宝銭』と『おたから小判』


銭洗弁財天に来たら、ぜひ手に入れたいのが、「財宝」をモチーフにした人気のお守り『御宝銭』と『おたから小判』。財布の中に入れておくと、お金に困ることがないといわれています。

ちなみに、銭洗弁財天で、おまつりしている宇賀福神は、蛇の体に人の頭をもつ水の神。そのため、特に巳(み)の日は霊験あらたかだといわれ、遠方からの参拝者も多いそうです。

<DATA>
■銭洗弁財天宇賀福神社(銭洗弁財天)
住所:鎌倉市佐助2-25-16
アクセス:鎌倉駅西口より徒歩25分
地図 / 拝観時間:8:00~16:30 拝観料なし