ヒエラポリス - パムッカレへの道

急な斜面には棚ではなく、鱗のような模様ができあがる ©牧哲雄

急な斜面には棚ではなく、鱗のような模様ができあがる ©牧哲雄

■エアー&ツアー情報
まずは世界遺産にも登録されているイスタンブールに飛ぶのが一般的。直行便はトルコ航空が運航している。

見事な石灰柱が重なっている ©牧哲雄

見事に連なった石灰柱 ©牧哲雄

■トルコの国内移動
パムッカレの基点は、パムッカレ村か、空港もあるデニズリ。イスタンブールからデニズリは飛行機で約1時間、バスで約10時間。デニズリからパムッカレは車で約30分。カッパドキアのギョレメ村へは約10時間。

■周辺の世界遺産
近郊の世界遺産としては、西約160kmに「エフェソス」があるほか、その南西50kmにギリシアの世界遺産「サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿」、さらに南西60kmほどに「パトモス島の "神学者" 聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟の歴史地区[コーラ]」がある。

また、南180kmには「クサントス、レトーン」があり、その西100kmほどにギリシアの「ロードス島の中世都市」がある。東330kmには「チャタルホユックの新石器時代遺跡」、その北東220kmには「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群」がある。

イスタンブールに入る人は「イスタンブール歴史地区」を見ることもできる。その周辺にもいくつか世界遺産があるが、こちらはリンクの記事を参照してほしい。

ヒエラポリス - パムッカレのベストシーズン

上から見下ろした石灰棚。まさに絶景 ©牧哲雄

上から見下ろした石灰棚。さすがの絶景 ©牧哲雄

特に季節に関係なく楽しめるが、温暖な春~秋、5~9月がベストシーズンといわれる。

冬はローシーズンだが、その代わり人も少なく、落ち着いて観光できる。

世界遺産基本データ&リンク

まさに綿の城 ©牧哲雄

その景観は、まさに綿の城 ©牧哲雄

【世界遺産基本データ】
登録名称:ヒエラポリス - パムッカレ
Hierapolis-Pamukkale
国名:トルコ共和国
登録年と登録基準:1988年、文化遺産(iii)(iv)、自然遺産(vii)

【関連記事&サイト】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。