無意識にしている自他の評価……3つの視点セルフチェック

仕事をする女性

自分の価値も相手も認められる思考は、競争社会のストレスを軽くしてくれます


自分の価値や相手の価値についてどのような考えを持っているか、普段は意識しないものです。次の3つのうち、普段の思考や気持ちに近いものはないか、チェックしてみましょう。

1. 周りはすごいけど、私は大したことないと思う
  • 「隣の芝」が青く見えることが多い
  • 気がつけば「私なんて」を口走っている
2.「あいつのせいだ」とイラつくことが多い
  • 「私は正しい」と意見を曲げないことが多い
  • 私は周りより勝っており、人を見下すことが多い
3. 私の良いところも他人の良いところも分からない
  • 他人が信じられず、私の力も信じられない
  • 他人に期待しないし、他人から期待されることもない
普段の考え方に近い項目はあったでしょうか?

1は「私はNot OK、あなたはOK」という視点で、「自己否定」や「劣等感」が強くなってしまいます。2は「あなたはNot OK、私はOK」という視点で、「攻撃的で自己中心的」になりがちです。3は「私もあなたもNot OK」という視点で、「虚無的で絶望的」な気持ちにとらわれる傾向があります。
 

「OK」と捉える人・「Not OK」と捉える人の違い

「私はNot OK」の立場をとると、自信をなくしてしまいます。「相手がNot OK」の立場をとると、信頼関係を壊してしまいます。「私もあなたもNot OK」と両方を否定すれば、何も楽しめなくなります。

私もあなたもOK」と自分の価値も他人の価値も認め、悪いところも受け入れ、助け合おうとする人は、次のように考えます。
  • 自分と他人の良いところが、同じくらい頭に浮かぶ
  • 人には苦手なことや恥ずかしいことがあっても当然だと思う
  • 色々な人がいて、互いに協力しあっていくのが世の中だと思う
「私もあなたもOK」の視点を持つと、ストレスをためずに人生を送り、世の中を渡っていくことができます。
 

「Not OK」な人がこだわる「競争」の視点

「Not OK」で自分や他人を捉えるのは、常に「競争」の視点で世界を見ているからです。

「私はNot OK、あなたはOK」は他人との競争に負けて、劣った自分をあわれむ視点。「あなたはNot OK、私はOK」は、勝者の自分にこだわる視点。「私もあなたもNot OK」は、何もかもあきらめている視点です。

「競争」の視点は集団生活のなかで、自然に身についてしまうもの。家庭で「親は○○卒だから、それを越えろ」「姉はハキハキしているけど、弟は……」といった競争の言葉が何気なく発せられる。学校や社会で能力が点数のみで評価され、個性が重視されない。そうした中で生きていると、自分や他人を優劣や合否だけで捉えがちになります。
 

「私もあなたもOK」な人がストレスフリーなわけ

「私もあなたもOK」と考える人は、人にはそれぞれ得意なことがあれば、苦手なこともある。外向的な人もいれば、内向的な人もいる。人はそれぞれに違うのだから、個性を活かせばいいと考えます。

「彼は頭がいいけど、ボクは……」「私は明るいけど、○○ちゃんは暗い」というように、優劣の評価に囚われることなく、ストレスフリーでいられるのです。

社会は、人がそれぞれ得意なことを生かし、苦手なことを助けあいながら、協力して生きていくところ。「私もあなたもOK」と考える人は、社会をそのように捉えています。

たとえ受験に敗れたとしても、「落ちた私はNot OK、受かったあなたはOK」とは考えません。受験という1回の勝負には負けても、「私がダメ」だからではない。自分を肯定しているからこそ、次の作戦を練ることができるのです。
 

「Not OK」な人が競争社会に弱いわけ

一方「Not OK」の立場に立つ人は、「競争社会で勝ち続けなければ」というプレッシャーにとらわれがちです。成功し、周囲から一目置かれ、「カッコいい私」になる。そうでなければ「Not OK」というように。

競争社会のなかで「負け」が重なると、「私は何をやってもダメ」「あの人もいずれはダメになる」というように「私もあなたもNot OK」の発想に傾いていきます。常に競争を気にし、負けたときには心が折れてしまうのです。

だからこそ、世間を泳いでいくには、「私もあなたもOK」の視点を持つことが必要です。この立場に立てば、一度の負けに心が折れず、何度でも挑戦することができます。個性の違いを生かし、チームで戦うこともできます。

「私はダメ」「あいつはダメ」と「Not OK」を口走りそうになったら、逆に「OK」なところを見つけ、「Not OK」と思われるところはどうフォローできるのかを考えてみましょう。ぜひ、トライしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項