ネックウォーマーにもなる2WAYニット帽子の作り方

輪針とツイード調の編みやすい太さの毛糸を使用して、短時間で編めるキャップです。
初心者さんでも1日前後で編み上がると思いますので、クリスマスプレゼントにも間に合いますよ。
ネックウォーマーと帽子の作り方

ツイード調であたたかい印象のキャップ

タッセル付きのひもをはずせばネックウォーマーとしても使える2WAYアイテム。男性でも女性でもお使い頂けるデザインです。
ネックウォーマーとしてご使用の場合は、2つ折りにしてください。
ネックウォーマーにもなる2WAY

ネックウォーマーにもなる2WAY

 

ネックウォーマーにもなる2WAYニット帽子の材料・編み図

プレゼントにも最適です

プレゼントにも最適です

【材料】
ハマナカ/リッチモア スターメツィード(220)…1.5玉

【用具】
輪針 8号(60cm)
かぎ針 7/0号

【ゲージ(10cm四方に入る編み目の数)】
模様編み16目・22段


【本体の全体図】 まずは全体の構図を見てみましょう。
ネックウォーマーニット帽

本体部分のみ

【本体の記号図と制作の流れ】
ネックウォーマーと帽子作り方

パターンで編んでいきます

かぎ針で鎖編みの作り目90目を編み、輪針で裏山を拾いながら「表目」で1段めを編みます。
2~53段めは「表目」3目、「裏目」3目を繰り返して編み、54段めは「かけ目」「中上3目一度」「裏目」でコードを通す穴を作ります。
続けて60段めまで編んだらかぎ針で引抜き止めをし、糸端を処理します。
 

かぎ針で作り目と模様編みをする


【本体の作り方】
1.
作り目を作ります。
毛糸の糸端を約10cm残して、かぎ針を下からあて、くるりと回して巻き付けます。
ネックウォーマーと帽子作り方

かぎ針で鎖編みを編む

2. 毛糸をかけてから、矢印のように引き抜き、鎖編みにします。
ネックウォーマーと帽子作り方

鎖編みを編む

3. 2を繰り返し、鎖編みの作り目90目を作ります。
ネックウォーマーと帽子作り方

鎖編み90目

4. 輪針に持ち替え、1段めを「表目」で編みます。
輪針の片方をループに通して、かぎ針を外します。
ネックウォーマーと帽子作り方

輪針に持ち替える

5. 毛糸を向こう側に回してから、となりの鎖編みの裏山を1目拾います。
ネックウォーマーと帽子作り方

裏山を拾う

6. 毛糸をかけて矢印のように1ループ引き抜きます。これで「表目」が1目完成しました。
ネックウォーマーと帽子作り方

1ループ引き抜く

7. 5~6を繰り返し、1段めを編みます。
ネックウォーマーと帽子作り方

1段めが完成

8. 2段めからの模様編みを編みます。
毛糸を向こう側にまわし、左針の端のループに左側から右針を入れます。毛糸をかけて引き抜き、左針からループを抜いて、表目1目完成です。(裏目は、左手人差し指で毛糸を手前側に置き、ループの右側から右針を入れます。)
続けて53段まで編みます。
ネックウォーマーと帽子作り方

表目

 

編み物初心者は「かけ目と中上3目1度、引き抜き止め」に注意


9.  54段めはスレッドコードを通す穴を作りながら編みます。
1目めは右針に手前から毛糸をかけて、「かけ目」にします。
ネックウォーマーと帽子作り方

54段目を編む

10. 「中上3目一度」を編みます。
まず左針の2ループを左側から通し、右針に移動します。
ネックウォーマーと帽子作り方

奥のループから入れる

11. 左針の次の1ループで「表目」を編みます。
ネックウォーマーと帽子作り方

表目

12. 10で右針に移動した2ループに左針を矢印のように通してから、11で編んだ表目のループを引き抜きます。
ネックウォーマーと帽子作り方

左針を2ループに通す

13. 中上3目1度が1目編めました。
ネックウォーマーと帽子作り方

中目3目1度が完成

14. 「かけ目」と「中上3目1度」と「裏目」で、54段めを仕上げ、続けて記号図にしたがい60段めまで編みます。
ネックウォーマーと帽子

60段目まで編む

15. 60段めは、かぎ針に持ち替えて「引き抜き止め」をします。
矢印のようにかぎ針を左針の端のループに通します。
ネックウォーマーと帽子

かぎ針に持ち替える

16. そのまま左針から外し、かぎ針に移動します。
ネックウォーマーと帽子

ループを移動する

17. 糸をかけて引き抜きます。
ネックウォーマーと帽子

糸をかけて引き抜く

18. 左針の端のループをかぎ針に写します。
ネックウォーマーと帽子

ループを移す

19. 毛糸をかけて矢印のように引き抜きます。
ネックウォーマーと帽子

糸をかけて引き抜く

20. 17~19をくり返し、1周します。
ネックウォーマーと帽子

17~19をくり返す

21. 最後は毛糸を引き抜き、残った糸を綴じ針で編み地に通したら、余分をカットします。
本体の完成です。
ネックウォーマーと帽子

糸端を処理する

 

ニット帽に必要なスレッドコードの作り方


【スレッドコードの作り方】
 
タッセルを付きのコード

タッセルを付きのコード


1. 記号図にしたがい、かぎ針でひも部分を50cm編みます。
毛糸を15cm×10本にカットし、まとめてコードの間に通して2つ折りの状態にします。
図のようにまとめて結んだら約6cmに揃えてカットします。
反対側にも同様にタッセルを作ります。
ネックウォーマーとストレッドコードの作り方

記号図とタッセルの作り方

2. 本体の穴にコードを通すと、キャップとしてお使い頂けます。
ネックウォーマーとスレッドコード

スレッドコードの通し方

 
ネックウォーマーとスレッドコード

サイズアレンジ等もかんたんです

この作品は表目3目、裏目3目の「ゴム編み」です。
幅は目数を調整して、太いストライプにしても良いでしょう。
折り返しを多くしたい方は、段数を多く編んでください。

【関連情報】
編み物の基本を学べる 楽習フォーラム 「クロッシェカフェ講座

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。