ベルリンは世界一クリスマスマーケットの多い街!

wm6

ベルリンではあちこちの広場でクリスマスマーケットが開催される。写真はジャンダルメン広場

冬のドイツのお楽しみといえば、アドベント(待降節:クリスマス前の約4週間)の時期に開かれるクリスマスマーケット。ドイツの三大クリスマスマーケットといわれるシュトゥットガルトが「世界最大」、ドレスデンが「世界最古」、ニュルンベルクが「世界一有名」なクリスマスマーケットだとすれば、首都ベルリンは間違いなく「世界で一番種類が多く、個性的なクリスマスマーケット」が開かれる街でしょう。

ベルリンでは各地区のあちこちの広場にクリスマスマーケットが立ち、小さなマーケットや期間限定のイベントも含めるとその数は100にものぼります。通常クリスマスマーケットはクリスマス前までの開催ですが、ベルリンは開催期間が長いマーケットがあるので年末旅行でも楽しめるのが嬉しいポイント。内容もじつに様々で、伝統的なクリスマス市のほかハンドメイド雑貨のマーケットや自然や環境に配慮したエコマーケットなどベルリンらしいユニークなものがいっぱい。ここでは人気のマーケットをいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

こちらのまとめ記事も参考にどうぞ
>>>絶対行きたい!本場ドイツのクリスマスマーケット8選

<DATA>
Weihnachtsmärkte in Berlin2018
開催期間:2018年11/26~年末まで
※開催場所、開催期間、開催時間はクリスマスマーケットによって異なります。詳しくはベルリンのクリスマスマーケット公式HPをご覧ください。
 

ジャンダルメン広場のクリスマスマーケット

wm5

二つのドーム(大聖堂)とコンサートハウスが建つジャンダルメン広場で開催される、ムード満点のクリスマスマーケット

ドイツで一番美しい広場といわれるジャンダルメン広場のクリスマスマーケットは年末まで開催されています。ドイツ大聖堂とフランス大聖堂が対になってそびえる広場で開催される市は、うっとりするほど美しくてロマンティック。入場料が有料(1ユーロ)にもかかわらずいつも長蛇の行列ができる人気の市です。広場の一角には大きなテントがあり、陶器や木工製品、革製品など職人さんたちの手作り雑貨のスタンドが集まっています。

12月31日は夜中の1時まで営業しているので、ここで年越しを迎えるのも素敵ですね。

<DATA>
■Weihnachts Zauber am Gendarmenmarkt
住所:Gendarmenmarkt1  10117 Berlin(Googleマップ)
開催期間:2018年11/26~12/31
開催時間:11:00~22:00 12/24は~18:00、12/31~翌1:00
入場料:13歳以上1ユーロ ※ベルリンの社会・文化活動のために寄付されます
月~金の11:00~14:00は入場無料(12/24、25除く)
アクセス:Französischestr. 駅またはStadtmitte駅から徒歩2分
 

秋から年末年始まで開催!ポツダム広場のクリスマスマーケット

wm1

ベルリンの中心地ポツダマープラッツ駅のそばにスキー場が出現。ザルツブルク風グルメも楽しめる

東西ドイツ再統一後に開発が進められ、ソニービルなどの複合施設やホテル、ショッピングセンターなどベルリンでは珍しくモダンなビルが立ち並ぶ風景が見られるポツダマープラッツ周辺。この広場のど真ん中に立つクリスマスマーケットは「ザルツブルクのスキー場」がテーマ。スキー場の山小屋風レストランではグラッシュやカイザーシュマレン、アップルシュトゥルーデルなどオーストリア・アルプスの郷土料理も楽しめます。ミニサイズのスキー場やスケートリンクが登場し、週末にはスキー場のアフターパーティさながらにライブも開催。ポツダマープラッツ駅前から大型ショッピングセンター「アルカーデン」まで続く道沿いには手工芸品を中心とした屋台が並びます。

ここの市はクリスマスも開催されているので冬休み旅行でも行けるチャンスがありそうですね。

<DATA>
■Weihnachtsmarkt am Potsdamerplatz
住所:Alte Potsdamerstr. 1   10785 Berlin(Googleマップ)
開催期間:2018年11/26~12/26
開催時間:10:00~22:00(12/24は~14:00)
アクセス:Potsdamer Platz駅前
 

シャルロッテンブルク宮殿のクリスマスマーケット

wm3

シャルロッテンブルク宮殿で開催されるクリスマスマーケット。写真はオープン前ですが、夜はライトアップされてとてもロマンティック

プロイセン王フリードリッヒ1世が妻ゾフィーのために建てたシャルロッテンブルク宮殿は、博物館や庭園など見どころも多い人気の観光スポットです。そんな美しい宮殿をバックに開催されるクリスマスマーケットはとてもロマンティック。暗くなるとお城が色とりどりにライトアップされて幻想的な雰囲気に包まれます。ミニ観覧車やメリーゴーラウンドなど子どものための乗り物も充実。クラシックコンサートなどのイベントもあるのでプログラムをチェックしましょう。

<DATA>
■Weihnachtsmarkt am Schloss Charlottenburg
住所:Spandauer Damm 10   14059 Berlin(Googleマップ)
開催期間:2018年 11/26~12/26(12/24は休み)
開催時間:月~木 14:00~22:00金~日 12:00~22:00 12/25と12/26 12:00~20:00
アクセス:Richard-Wagner-Pl. 駅または Sophie-Charlotte-Pl.駅から徒歩7分
 

クルトゥアブラウエライのクリスマスマーケット

wm7

レンガ造りの建物に囲まれたクルトゥアブラウエライのクリスマスマーケット。場所柄オルタナティブ感たっぷり

元ビール工場のレンガ造りの建物「クルトゥアブラウエライ」は文化の醸造所という名のとおり、劇場やライブスペース、レストランなどが入ったマルチカルチャーな場所。ここで開かれる「ルチア・クリスマスマーケット」は、テントで作ったパオ風のカフェやスウェーデン風グリューワイン「グロッグ」(レーズンとナッツ、スパイス入りホットワイン)などスカンジナビアのクリスマスをテーマにした、ちょっと他とは違う温かさが感じられる市です。
湯たんぽベンチ!思わずこちらまで笑顔になる光景です

湯たんぽベンチ!思わずこちらまで笑顔になる光景です

なかでもいたく感心したのが湯たんぽベンチ。薪で沸かしたお湯を循環させて複数のベンチを温めるという、すばらしくエコなアイデアに脱帽です。 本物の毛皮コートも付いているのがなんともユニーク!

 
<DATA>
■Lucia Weihnachtsmarkt in der Kulturbrauerei
住所:Schönhauser Allee 36   10435 Berlin(Googleマップ)
開催期間:2018年 11/26~12/23
開催時間:月~金15:00~22:00 土日13:00~22:00
アクセス:Eberswalderstr. 駅から徒歩2分
 

コルヴィッツ広場のエコなクリスマスマーケット

wm9

ガイドいちおしのエコマーケット。写真は手作り色鉛筆を売る屋台。ゴツゴツした木の枝をそのまま生かした素朴さが素敵

土曜のビオ市場が人気のコルヴィッツ広場では、毎年第1~第4アドベントの日曜日に、エコなクリスマスマーケットが開かれます。ここに並ぶ商品は、すべて環境や社会的に配慮されたものばかり。グリューワインにソーセージ、クレープにライ麦のワッフル、シュトレンやクリスマスのクッキーもすべてビオの材料で作られたもの。
寒い冬を温めてくれる手作り雑貨

寒い冬を温めてくれる手作り雑貨

オーガニック・コットンやウールで作られた服や雑貨、木製のおもちゃなど、クリスマスプレゼントにぴったりなあったかグッズも見つかりますよ。

 
<関連記事>
エコでグルメなコルヴィッツ広場の朝市

<DATA>
■Advents-Ökomarkt am Kollwitzplatz
住所:Kollwitzplatz  10435 Berlin(Googleマップ)
開催期間:アドベント期間の日曜 2018年開催日は12/2、12/9、12/16、12/23
開催時間:12:00~19:00くらい
アクセス:Eberswalderstr. 駅またはSenefelderpl. 駅から徒歩5分

※2016年12月19日、ベルリンのクリスマスマーケットにトラックが突入し犠牲者が出るという痛ましい事件がありました。このテロを受け、とくにイベント会場など人が大勢集まる場所では警備が強化されていますが、街は平常で人々もごく普通に暮らしています。安全確保に十分注意しつつ旅を楽しんでください。
 

合わせて読みたい! ドイツのクリスマスマーケット

多彩さが魅力!ミュンヘンのクリスマスマーケット2018
シュトゥットガルトの世界最大クリスマスマーケット!
ドイツ西部最大!ケルンのクリスマスマーケット2018
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。