ベルリンではずせない観光名所! 世界遺産の博物館島

mi1

シュプレー川に浮かぶ博物館の島。写真右手に見えるのは島の北端にあるボーデ博物館

ベルリン観光のハイライトのひとつが、世界遺産に登録されている博物館島「ムゼウムスインゼル(Museumsinsel)」。ベルリンを横断するシュプレー川に浮かぶ中洲の北半分に、ペルガモン博物館(Pergamonmuseum)、新博物館(Neues Museum)、ボーデ博物館(Bodemuseum)、旧ナショナルギャラリー(Alte Nationalgalarie)、旧博物館(Altes Museum)と5つもの博物館が集まる、文字通り「博物館の島」です。

mi2

ペルガモン博物館

全部まわろうと思ったらとても一日では足りない見ごたえのある博物館の数々。歴史や文化に特に興味がある人なら、ペルガモン博物館だけでも丸一日を費やしてしまうかもしれません。

ここでは博物館島の歴史、チケット情報、各博物館の見どころなどをご紹介します。なかには行列のできる博物館もあるので、旅程と相談しながら時間に余裕をみて予定を立ててくださいね。

 


<DATA>
Museumsinsel
アクセス:SバーンFriedlrichstr. またはHackescherMarkt駅から徒歩10分。バスの場合は100番、200番でLustgarten下車
各博物館の見どころや見学情報は2ページ目をご覧ください。

博物館島近くのおすすめスポットはこちら>>>ベルリンの人気観光スポット ハッケシャ―・ホーフ

ベルリン博物館島の歴史

minm2

歴史に翻弄された博物館島。写真は2009年に再オープンした「新博物館」。あえて残された銃弾の跡が印象的

この中洲に初めて博物館ができたのは1830年。プロイセン王室のコレクションを収めるために建てられた「旧博物館」でした。その後100年の間に「新博物館(1859年)」「旧ナショナルギャラリー(1876年)」「ボーデ博物館(1904年)」「ペルガモン博物館(1930年)」が完成。歴史的にも文化的にも重要な文化複合施設体として、1990年にユネスコ世界遺産に登録されました。

博物館島は第二次世界大戦で大きな被害を受け、戦後ベルリンが東西に分断され多くの人々が離れ離れになってしまったのと同じく、博物館島のコレクションも東西に分割されて保存されることになりました。東西ドイツ再統一後はコレクションを元の展示場に戻し、建物の修復・再建が進められています。

※現在も一部修復中や修復予定の博物館があるので、見学の際はホームページで最新情報を確認するようにしてください。

博物館に入り放題のチケット「ミュージアムパス」がお得!

博物館島で1日に2か所以上の見学を予定しているなら、5つの博物館に入り放題のチケット「Bereichskarte」(1日有効で18ユーロ)がお得。博物館島以外にも、ベルリンでたくさん博物館をまわりたい! 思う存分アート鑑賞したい! という人は、ベルリン市内50か所の博物館や美術館に入り放題のチケット「ミュージアムパス(Museumpass)」がおすすめ。こちらは3日間有効で料金は24ユーロなので、例えばペルガモン博物館と新博物館の2館だけでも元が取れてしまいます。おまけに入場待ちの行列に並ばなくてもいいので、時間を節約したい旅行者にはとっても便利。

ただし現在のところ、ペルガモン博物館は時間ごとに入場制限されているので、事前にホームページや観光案内所で予約することをおすすめします。

ミュージアムパスは観光案内所や加盟博物館で購入できます。詳しくは観光局ホームページをご覧ください。
ベルリン観光局HP「ミュージアムパス」のページ
http://www.visitberlin.de/en/article/museum-pass-berlin

次のページでは、博物館島の5つの博物館の見どころや見学情報をご紹介します。