日本学生支援機構「第一種奨学金」と「第二種奨学金」

ここからは最も多くの学生が利用している日本学生支援機構の奨学金の内容について解説していきます。

前回の記事でも書きましたが、日本学生支援機構は2004年に設立された独立行政法人です。それまで国の奨学金事業を運営してきた日本育英会が廃止されるとともに、奨学金事業を引き継ぎました。

つまり、日本学生支援機構の奨学金は公的な国の制度であり、無利子または有利子での貸与型の奨学金となります。

日本学生支援機構では、無利子の奨学金を「第一種奨学金」、有利子の奨学金を「第二種奨学金」と呼んでいます。

そもそも奨学金とは、経済的な問題で進学を諦めることがないように設けられたものなので、その採用にあたっては「家庭の収入」と「お子さんの成績」をもとに審査されることになります。
説明画像

第一種と第二種奨学金の違い


それぞれがどのような内容となっているのか? 具体的に解説していきましょう。

まずは無利子の第一種奨学金から。

無利子の「第一種奨学金」の内容解説

第一種奨学金は、進学先が大学か短大か、または専門学校なのか。あるいは親元から通うのか、ひとり暮らしをするのか、などと学校の種類や通学環境によって、月々の支給金額が決まっています。また、決められた金額ほどを必要としない場合は、3万円の月額を選択することができます。

解説画像

第一種奨学金の内容


第一種奨学金の成績基準は、高校の成績3.5以上とか在籍する学部学科の上位1/3以内といったように明確に線引きされています。

ここで注意して頂きたいのが、第一種奨学金は成績基準と家庭の収入基準を満たしていても必ず採用される訳ではないという点です。

例えば、“高校の成績3.5以上”とあるのは、3.5未満の人は申し込む資格がありません、という意味に過ぎないのです。

無利子と有利子ならば、無利子の方がいいに決まっています。

しかし、現実的には予算の関係などによって、無利子の第一種奨学金は申請者の4人に1人程度しか採用されない選抜型の奨学金となってしまっているのです。

続いて、最も多くの人が利用している有利子の奨学金について解説します。