ダイエットに効果的な野菜とは

ダイエットに効果的な野菜とは


カロリー(エネルギー)が低くて、ビタミンやミネラルも補給できる野菜は、ダイエットを意識する女子に欠かせない食材。

ちなみに、健康維持のために1日に食べたい野菜の量として推奨されているのは350gです。これは3食毎食野菜料理を食べないとならないような量ではありますが、忙しい私にはムリ……と思う前に、1週間のうちで数日からでも良いので、野菜料理をたくさん食べる日を作るのはいかがですか。

おススメの料理とともに、これから美味しくなる野菜のダイエットポイント、キレイづくりポイントを一緒にご紹介します!

<ダイエットに効果的な冬野菜の目次>  

ダイエットに効果的な冬野菜1:キャベツ

100gあたり23kcal、食物繊維量1.8g
冬にも旬をむかえるキャベツはカロリーもひかえめな上、ビタミンUとビタミンCが豊富な野菜です。トマト鍋など洋風のものや豆乳系にも相性は良いので、鍋料理にもっと活用したい野菜のひとつ。

キャベツのビタミンUは胃腸の調子を整える脂溶性ビタミンとしても知られています。内臓の健康は肌の健康に表れるので、意識してたくさん食べたいですね。またビタミンCは肌のコラーゲン生成をサポートしてくれます。キャベツのビタミンCは外の緑の部分と芯の部分の両方に多いので、上手に調理しましょう!
おすすめ料理……ロールキャベツ、トマト鍋、コ-ルスローサラダ
 

ダイエットに効果的な冬野菜2:小松菜

100gあたり14kcal、食物繊維量1.9g
今が美味しい小松菜、やはりカロリーもひかえめで、カロテンやカルシウムの多い野菜です。鍋野菜の青味として、春菊よりもアクが少なくて様々な鍋に相性が良いのも小松菜の特徴です。

カロテンは肌や粘膜を丈夫にしてくれるので美肌の強い味方。カルシウムやビタミンKが骨の成長を助けてくれるので、若々しい姿勢を維持したい方にも是非に。アクが少ない野菜なので生のまま牛乳やフルーツと一緒にスムージーにするのも手軽でおすすめです。
おすすめ料理……餃子、中華味の鍋もの、スムージー
 

ダイエットに効果的な冬野菜3:大根

だいこんの効能とは

大根の効能とは


100gあたり25kcal、食物繊維量4.0g
水分がたっぷりでかさのわりにカロリーもひかえめ、また食物繊維が豊富なので、食事に取り入れることで体脂肪合成をブロックしてくれます。薄くスライスしたり千切りにすると様々な鍋料理に使えて便利です。

大根には消化を助けてくれるアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼといった酵素も含んでいるので、ごちそうが続いたときなどに、大根おろしにして手軽に食卓に取り入れましょう。
おすすめ料理……みぞれ鍋、和風の煮物、豚汁
 

ダイエットに効果的な冬野菜4:はくさい

100gあたり14kcal、食物繊維量1.3g
きのこよりもカロリーが低く、どんな味付けにもなじむ万能野菜なので、食べすぎを防止したいとき、お料理のかさ増しをしたいときに便利な野菜です。和洋中どんな料理にも馴染むので、好きな料理に入れて、良く噛んで食べましょう。栄養素としてはカリウムを多く含み、むくみ予防にも期待ができます。
おすすめ料理……キムチ鍋、炒め物、シチューやスープ
 

ダイエットに効果的な冬野菜5:ブロッコリー

100gあたり33kcal、食物繊維量4.4g
緑黄色野菜であるブロッコリーは、体脂肪をつきにくくしてくれる食物繊維のほか、肌や粘膜を健康に保ってくれるカロテン、肌のコラーゲン生成を促してくれるビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンE、脂質の代謝を高めてくれるビタミンB2、などが含まれていて、キレイを作ってくれる野菜。

少し油をプラスすると効果が高まるので、洋風に調理するのは理にかなっているんですよ。あまり煮過ぎないで食べると栄養価が逃げすぎず、食感も残ってダイエット向けになります。
おすすめ料理……グラタン、シチュー類、温野菜サラダ
 

ダイエットに効果的な冬野菜6:ほうれん草

100gあたり20kcal、食物繊維量2.8g
体脂肪ブロックに効果が期待できる食物繊維や広く知られている鉄分が豊富な上、肌の健康に役立つカロテン、糖質の代謝を高めるビタミンB1、脂質の代謝を高めるビタミンB2、肌の弾力を維持するビタミンCなども豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜です。

葉物野菜は長時間ゆでたり、長時間水にさらすと、ビタミンが減ってしまうので、調理はすばやく行うのがコツです。鍋を作る際にも仕上げに短時間で煮上げると良いでしょう。少し油をプラスしたほうがカロテンの吸収率が高まるので、こちらも洋風調理や胡麻を入れた鍋などに向いています。
おすすめ料理……グラタン、ポタージュ、オムレツ

いかがでしたか。野菜の効果を知れば、食べるモチベーションも上がりますよね。この冬も一層の健康美を維持し続けてくださいね!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。