本当に「資格を仕事に活かしたい」なら、その資格の需要がどれくらいあるか、という雇用市場のニーズはしっかりと押さえておきたいもの。そのためのもっともシンプルな方法が、実際の求人情報をチェックすることです。

「今」「実際に」存在する求人情報の中で、どのような資格ホルダーが求められているのか? 格取得をきっかけに就職・転職を考えている人にとっては大いに気になるところです。

そこで当サイトでは、全国のハローワーク(公共職業安定所)で受け付けた求人情報をウェブ上で閲覧できるサイト、「ハローワークインターネットサービス」を使って、定期的に「仕事に活かせる資格」としておなじみの資格の求人数をリアルに集計しています。

「ハローワークインターネットサービス」では、詳細条件入力機能を使えば「免許・資格を採用の必須条件とする求人」を検索することができます。
トップページからでは、このような検索機能があることが「わかりにくい」のが難点。また、資格の名称での検索ではなく、厚生労働省が定めた「免許・資格コード」で検索しなければなりません。
ちょっとわかりにくいので、以下に手順を紹介しておきましょう。

◆ハローワークインターネットサービス:資格で求人情報を探す手順◆
求人情報検索(トップ画面)
利用者区分、就業形態の希望、給与の希望額などを記入

詳細条件入力

求人情報検索(詳細条件入力画面)

免許・資格コード一覧

(別ウィンドウで開く「免許・資格コード一覧」で、自分が調べたい免許・資格のコードをチェック)

求人情報検索(詳細条件入力画面)
免許・資格コード欄に該当コードを記入

検索開始

今回は特定の地域や給与水準などを指定せず、以下の資格について調査しました。( )内は免許・資格コードです。

建築士(1級:1301、2級:1302)、インテリアコーディネーター(1308)、基本情報技術者(1505)、シスアド(上級:1513、初級:1514)、情報セキュリティアドミニストレータ(1515)、衛生管理者(第1種:2202、第2種2203)、司法試験(2401)、司法書士(2402)、弁理士(2403)、通関士(2405)、公認会計士(2501)、税理士(2503)、CFP/AFP(2505)、社会保険労務士(2510)、中小企業診断士(2511)、不動産鑑定士(3201)、宅地建物取引主任者(3207)、実用英語検定(1級:3307、準1級:3308)、TOEIC(730点~:3322、600点~:3323、470点~:3324)、秘書検定(1級:3401、2級:3402、3級:3403)、簿記検定(日商1級:3623、2級:3624、3級:3625)、MOS(エクセル上級:3815、一般:3816、ワード上級:3817、一般:3818)、MOT(3819)、販売士(1級:4101、2級:4102、3級:4103)、貿易実務(4108)、証券外務員(4201)、MBA(8001)、CPA米国公認会計士(8005)

※調査期間は2013年9月5日~9月19日。「免許・資格を採用の必須条件とする求人」の中から、この期間内の資格別フルタイム求人数を週1回集計。

※「免許・資格コード一覧」には、技術、医療・保健衛生・社会福祉、事務処理、営業・販売・サービス・保安、運輸・通信、製造関連技能、電気・建設・土木工事・建設機械、海外資格関連など全8領域に渡る免許・資格が網羅されており、より詳細な求人ニーズの把握が可能。技術、技能系資格が多いのも特徴です。この一覧を見ることにより、今まで知らなかった免許・資格に対する求人ニーズに気づくなど、二次的な使い方も可能です。ただし、昨今誕生している新資格への対応は必ずしも十分ではないため、その場合は類似の免許・資格の動向を参考にしてみると良いでしょう。

第10位:基本情報技術者(8位)

スマートフォン人気で増加していたアプリケーション開発関連の求人ニーズも峠を越えた様子。
定番のPG、SE以外に、プロジェクトリーダーやシステム関連の営業職など、求人の幅が広いことが強みです。
フレックス勤務など多様な勤務形態の求人があるのも、この資格の特徴です。
※( )内は、前回(2013年6月集計分)順位。以下同様。

9位:社会保険労務士(10位)

小さな順位変動を繰り返しながら、毎回7~10位の間をキープしているのはさすが。
社労士自体の求人ニーズの変化というよりも、他の資格の変動によって順位が上下しているというのが実情でしょう。

8位:税理士(9位)

前々回10位、前回9位と一つ順位を上げています。
ベースとなる税理士事務所求人以外の企業求人の伸びによって、順位が左右される資格です。こちらも社労士と共に、その需要は安定的です。

7位:証券外務員(6位)

これまでも、突発的にランクインしてくることは多かったのですが、これで4回連続のランクイン。ニーズも定着傾向でしょうか。
以前の求人増の要因には、たいてい全行的な大規模求人があったのですが、最近は一社の大量求人よりも、コールセンタースタッフ、営業アシスタント、証券オペレーターなど、複数の企業、職種での求人増が強み。ただし、その内訳は派遣社員など非正社員での求人が多めです。
これで正社員求人が増えてくると、いよいよ「ホンモノ」なのですが。

第6位:インテリアコーディネーター(7位)

前回、久しぶりに明け渡した6位の座に、見事カムバックです。
求人を見ているとリフォーム業の活況ぶりが伺え、インテリアコーディネーター職のほか、現場監督、営業職、住宅展示場での接客業務など、幅広い求人があります。
このところインテリアコーディネーター職での正社員募集割合が増加していましたが、今回は登録または常用型派遣など正社員以外の募集も目立ちました。
正社員では、建築士とのダブルライセンスで「設計業務」求人が多いようです。

第5位:実用英語検定(5位)

こちらも安定の5位をキープ。求人数は2級>準1級>1級の順でかわりません。
後述のTOEICでは高いランクの求人が増えているので、企業で求められる英語水準は高まっているはずなのですが、不思議です。
これまではどちらかというと英会話講師など、企業以外の求人が目立っていましたが、ここ最近は営業職や秘書、技術職などビジネス求人も増加中です。

第4位:TOEIC(4位)

すべてのランクの総計でのランクイン。
最も高いレベルである730点以上と600点以上の求人数が、ほぼ拮抗してきています。
管理職や営業職でも600点以上を指定する求人があったり、ITエンジニアやヘルプデスク、技術職でも高いランクを求める求人が目立ち、英語人材のハードルは高くなる一方。翻訳や通訳といった英語のプロ以外の分野でも、英語力がカギとなっていることが伺えます。
730点以上では、技術翻訳、プロダクトマネージャー、海外営業職など。
600点未満になると、派遣を含む正社員以外の求人の割合がグッと増えてくるのは変わらずです。

第3位:宅地建物取引主任者(3位)

不動の3位。こちらもニーズは安定的。住宅販売、営業、事務など不動産業界を中心に、安定的に幅広い求人があるのが特徴です。
ただし、業界経験者が優遇されるのも宅建の特徴。いくら資格のニーズが高くても、それだけでは難しいといえます。

第2位:日商簿記検定(2位)

ランクは1級~3級すべての等級の総計です。等級ごとでは、2級の求人数がもっとも多く、以下3級、1級と続きます。
これまでは等級によって求人内容が大きく変わるのが特徴で、3級は一般事務や営業事務で未経験でもOK、2級は経理職、1級になると会計事務所の事務職員や経理部門などの管理職が多くなっていましたが、最近は1級でも一般事務職や一般経理職の求人も。
求められるスキルが、益々底上げされている印象を受けます。

第1位:建築士(1位)

不動の1位の秘密は、幅広い求人ニーズに応える高い汎用性。調査のたびに安定的なニーズを誇っています。1級は正社員の割合が多いですが、このところ1級でも、契約社員や常用型派遣の求人が増加。
2級では、さらに正社員以外の求人の割合も増えてきます。

※今回の次点は司法書士(前回圏外)、次次点は衛生管理者(前回同位)でした。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。