竹輪と醤油麹で再現した「ばくだん丼」

 

 

それでは私も大戸屋で1つ。

ご飯の上にお刺身と納豆とネバネバ野菜等がのっかっている「ばくだん丼」を、私なりに、精進チックにアレンジして作りました。竹輪が、せめてものお刺身のかわりです。

材料

■具
  • 納豆 小1パック
  • 塩もずく 適量(塩出しして熱湯にさっとぐぐらせ、水で冷やして水を切る)
  • オクラ 塩ゆでして小口切り
  • キュウリ2cm 1cm角に切る
  • 長ネギ 小口切り少々
  • プチトマト 1個を角切り
  • 竹輪 2cm薄い輪切り
■丼
  • ごはん 1人分
  • 板海苔 少々を手で千切る
  • 醤油麹 小さじ1強
  • わさび 少々
  • 醤油 少々

作り方

  1. 下ごしらえした具材を全てグルグル混ぜて粘りを出す。
  2. ご飯の上に海苔を敷き詰め、1の具をてんこ盛りにする。
  3. 醤油麹とわさびをのせる。
  4. ぐるぐる混ぜて、醤油をたらりとたらして食べる。
    お好みで卵の黄身を落としても。

※ワサビ醤油でもおいしいのですが、醤油麹にしてみました。
コクと甘味があって、たいへんおいしかったです。

■大戸屋ばくだん丼

HP:www.ootoya.com/grand_03.asp

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。