昔に比べて日本でもフランスワインが身近になったとは言え、「フランスワインはウンチクが深くないと」と敬遠されていませんか?

希少価値の高い極上銘柄を楽しむためには、深い造詣があったほうが理解しやすいこともあるかもしれません。しかし、フランス人だって全ての人がそんなワインを毎日飲んでいるわけではありません。ある程度のクラスのワインをまとめて購入する愛好家の方もいらっしゃいますが、多くの人が、近くのワインショップやスーパーなどで、手ごろな値段で気軽に飲めるワインを楽しんでいます。

イメージ画像

ボルドー、メドックのぶどう

ワインは産地、土地、ぶどうの種類、年代などの組み合わせで、味・値段ともに無数のバリエーションがあり、飲み手のほうも、好みや飲み方も千差万別、十人十色。そのため、ワインとの出会いは「一期一会」とも言われます。

難しいことは知らなくても、いくつかのポイントを押さえておけば、気軽に楽しめる「興味深い」ワインに出会うことができます。

ワインは、ぶどうから作られるぶどう酒で、フランス語でvin (ヴァン)と言います。

ワインの種類

ワインは色で分けると、次の3週類にわかれます。

vin rouge (ヴァン るージュ)  赤ワイン 
vin blanc (ヴァン ブラン)  白ワイン 
vin rosé (ヴァン ろゼ)  ロゼワイン ※ピンクのワインです

フランスの代表的なワイン産地

代表する地域を次のように分けています。

Bordeaux (ボるドー)  ボルドー 
Bourgogne (ブるゴーニュ)  ブルゴーニュ 
Champagne (シャンパーニュ)  シャンパーニュ/シャンパンの産地
Alsace (アルザス)  アルザス 
Val de Loire (ヴァル ドゥ ロワーる)  ロワール 
Côte du Rhône (コートゥ デュ ろーヌ)  コート・デュ・ローヌ 
Jura et Savoie (ジュら エ サヴォア)  ジュラ・サヴォワ
Provence et Corse (プろヴォンス エ コるス)  プロヴァンス・コルス 
Languedoc-Roussillon (ラングドック るシオン)  ラングドック・ルシオン 
Sud-Ouest (スゥド ウエスト)  南西部地方 

ワインの味

主に白ワインの辛口・甘口を次のように言うことができます。
vin sec (ヴァン セック) 辛口
vin doux (ヴァン ドゥー) 甘口

ワインの味に使われる表現

léger (レジェーる) 軽い
corsé (コるセ) コクのある (アルコールが強い) ※
fruité (フりゅイテ) フルーティーな
épicé (エピセ) スパイシーな
puissants (ピュイッサン) 力強い ※

※は、主に赤ワインに使う表現です。