日本から見る月にはうさぎがいるって本当!?

飾りアップ

 

日本の秋の行事と言えば、中秋の名月を思い浮かべる方も多いのではありませんか?美しい満月を眺めていると段々と月に何かが見えてきました。きっと、日本の子ども達に「月に何か見える?」と聞くと、ほとんどの子どもが「うさぎ」と答える事でしょう。私も小さい頃「月にはうさぎがいて、お餅をついている。」と大人から教えられました。月のクレーター(くぼみ)が、日本ではうさぎに見える? これは韓国、中国など同じ東アジアの国で共通している考えです。この月うさぎ伝説は、中国唐伝わった仏教説話が元となっていると言われています。月うさぎ伝説とは、お腹を空かせた哀れな老人を助けるために、自分の身を捧げたうさぎの話です。老人の正体は帝釈天(仏教の神様)で、可愛そうなうさぎを月の中で蘇らせてあげました。このお話が日本で定着し、今も語り継がれているのです。

欧米の子ども達が絵描く月には顔がある?

子どものぬり絵

 

では、欧米では月は何に見えるのでしょう? 以前、インターナショナルスクールに通う子ども達に「月に何か見える?」と聞いたところ、「知らない!」と言われてしまいました。ヨーロッパでは月はカニや女性の顔に見えると言われていますが、日本のように月を愛でる風習がないため、この事は日本ほど知れ渡っていないようです。しかしヨーロッパの子ども達が描く月のほとんどが、クレーターのある月や顔のある三日月でした。これは絵本やぬり絵の影響だと思われます。息子が遊んだベルギーのぬり絵には、顔とクレーターのある月が描かれていました。月は国や文化によって見え方が違うのが面白いですね。これからも、美しい月を鑑賞する日本の素敵な習慣を、子ども達に伝えていきたいです。

 
≫次のページでは、月うさぎの吊るし飾りの作り方を紹介しています。