ハムバターサンド、ジャンボンブール

ジャンボンブール

ジャンボンブール


バゲットは、半分の長さでサンドイッチとして2、3種類、朝のうちうから販売されます。「ジャンボンブール」はクリームチーズかと思うほど贅沢にスライスされたカルピスの発酵バターと、無添加のボンレスハムを挟んだサンドイッチ。そう、バターを「塗る」のではなくて「挟んでいる」。
バターがおいしさのポイント

バターがおいしさのポイント


バゲットのサンドイッチというものは、形状といい固さといい、食べにくいことが多いものですが、これは歯切れがよく、つめたいバターのミルキーなコク、上質なハムの味わいとあいまって、パンそのものの味わいがぐっと引き立って、気がつけば半本、心地よく食べきってしまいます。

そしてまた、バゲットの話

このバゲットのクラムはグレイッシュな色味をおびていて、目が詰まっているけれど軽く、深い香りがあります。168円という価格はバゲットが日常の気取らない食べものだというトシさんの想いからきています。

「おいしい食べものは、食べ慣れたものだと考えています。パリのバゲットを再現しても、食べ慣れなければおいしいと感じてもらえないかもしれない。まずは価格を一般的なものより下げて購入機会を増やすことで、日常的に食べてもらおうと思いました」。

ハード系ではあるけれど、クラストはパリッと薄くて食べやすいのは「フランス人は快楽主義なんです。おいしいバゲットで口を切るなんてありえないでしょう。赤ちゃんでも食べているんだから」。トシさんのバゲットへのこだわりは、師匠のアニス・ブアブサさんに言われた「日本にフランスの食文化を伝えてね」というところに常に立ち返ります。

フランスのパン食文化を伝える

バラエティブレッド

バラエティブレッド

週末には大型のパンも増える

週末には大型のパンも増える


バゲットのことばかり書いてしまいましたが、トシ オー クー デュ パンにはバゲットの他、全粒粉やライ麦やルヴァンのパンとそのバリエーション、ドライフルーツやナッツを入れたものがいくつかと、ヴィエノワ(ミルクパン)のバリエーションやクロワッサン、パン・オ・ショコラなどがあります。トシさんは修業時代、名店ル グルニエ ア パン(Le grenier a pain)でヴィエノワズリを焼いていたこともあるそうです。
ヴィエノワズリ

ヴィエノワズリ

全粒粉のレーズンとクルミのパンも人気

全粒粉のレーズンとクルミのパンも人気


日本人好みにチョリソやチーズ、フィグ入りのパンはつくるけれど、基本はトシさんがフランスで出合った「これぞフランスのパンだ」というものを中心に構成されています。いずれはキャロットラペやアッシパルマンティエなど、フレンチ惣菜の販売も予定されています。
ハード系のバリエーション

ハード系のバリエーション



トシ オー クー デュ パン

トシ オー クー デュ パン

■トシ オー クー デュ パン(Toshi Au Coeur du Pain)
住所:目黒区中根1-20-18
電話:03-5726-9545
営業時間:6:00~19:00
月曜定休
Yahoo!地図情報
東横線都立大学駅徒歩7分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。