おうちの形のキーカバー。紐を上に引くとおうちの中に鍵がすっぽり納まります。

おうちの形のキーカバー。紐を上に引くとおうちの中に鍵がすっぽり納まります。

キーカバーを付けておけば、かばんの中で鍵が迷子にならず、ジャラジャラしないので洋服に引っかかったり、一緒に入れているものを傷つける心配がありません。フェルトを使って簡単でかわいいおうちの形のキーカバーを作ってみませんか?ちくちく手縫いで気軽に作る作り方をご紹介します。

材料と道具

材料はこちら。

材料はこちら。

  • 10cm×5.5cmの黒いフェルト 2枚
  • 5.5cm×5.5cmの赤いフェルト 2枚
  • 長さ30cmの紐 1本
  • キーホルダー金具 1個
  • 紐用ビーズ 1個
  • 黒の手縫い糸 適量
  • 縫い針
  • まち針
  • はさみ


屋根部分をカットする

屋根部分をカットする

1.赤いフェルトで屋根を作ります。三角にカットし、頂点を平らに切り落としておきます。2枚同じ大きさに作りましょう。







屋根に形を合わせてカットする

屋根に形を合わせてカットする

2.黒いフェルトで家の本体を作ります。屋根部分を載せ、形を合わせてカットします。2枚作ります。







縁をかがる

縁をかがる

3.屋根を重ねた本体2枚を中表に重ね、まち針で固定します。横部分を4枚一緒にかがり縫いで綴じていきます。







上下を残しておく

上下を残しておく

このとき、上と下部分は縫わずに残しておきます。








モチーフをつける

モチーフをつける

4.両サイドを縫い終わったら、内側に指を入れながら表面にモチーフを縫い付けます。少し縫いにくいですので、これは2の手順の後に行なっても良いでしょう。






紐を内側から通す

紐を内側から通す

5.紐の中央にキーホルダー金具を通してから、紐の両端を合わせて下から通します。屋根の上部分から両端が出るようにします。





キーホルダー金具の通し方

キーホルダー金具の通し方

このとき、キーホルダー金具は画像のように紐に通すと固定されて便利です。このような金具が用意できない場合、ここに直接鍵を通してしまっても結構です。





紐の上側を結ぶ

紐の上側を結ぶ

6.紐用のビーズを通してから紐の先を結びます。ぎゅっと引っ張ってビーズの中に結び目を隠すようにするときれいです。このビーズは紐が穴から抜け落ちてしまわないためのものです。本体の紐通し穴より大きい他の金具などでも代用できます。




鍵をつける

鍵をつける

7.最後にキーホルダー金具に鍵をセットし、できあがりです。








簡単に作るためのポイント

  1. フェルト素材は布端がほつれにくく縫いやすいため、手芸初心者の方にも扱いやすい素材です。単純な形も色の組み合わせでイメージががらりと変わりますので、いろいろ試してみるといいですね。
  2. フェルトを綴じ合わせる際には、ブランケットステッチを使うのが一般的です。しかし今回はより手軽に作るためにかがり縫いだけを使っています。なるべく細かい縫い目で縫いますが、不ぞろいな縫い目も可愛さと考えて楽しんで縫ってください。フェルトの色のどちらかと同じ色の糸で縫うと縫い目が目立ちません。逆に全く違う色の糸を使って縫い目をアクセントにしてもかわいいです。
  3. 金具を使わず直接鍵を紐に通しても作ることができますが、金具を使うことでハンドメイドがランクアップして見えます。キーホルダー金具は幾つかの種類があり、今回使用のタイプは鍵が1つだけ付けられるタイプです。鍵を複数付けられる形のものもありますので、お好みで選びましょう。100円ショップなどでも手に入れることが可能です。

なお、鍵を複数付けたい場合やお手持ちの鍵のサイズによっては、キーカバー本体のサイズを大きくする必要がありますので、作る前に大きさを確認なさってくださいね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。