1歳児の赤ちゃんにおすすめの遊び!行動範囲と好奇心が増える時期

表・1歳~1歳半の赤ちゃんの成長と遊び

表・1歳~1歳半の赤ちゃんの成長と遊び

1歳代は、一人歩きが始まり、行動範囲がぐんと広がります。好きなことと嫌いなことがはっきりし、自分でやりたいという気持ちが急速に育つ時期です。段々と赤ちゃんっぽさを卒業し、自分の意志で行動していくようになる1歳代の子どもの、好奇心とやる気を育てる遊びをご紹介します。
   

1歳~1歳6ヵ月の時期におすすめの遊び

■成長の様子と遊びのポイント
多くの子が1歳前後~1歳6ヵ月の間に一人歩きを始めます。自分の足で何にもつかまらないで歩けるようになることは、とてつもなく大きな喜び。安全な環境で思いっきり遊び、色々な体験をすることで、どんどん自信をつけさせてあげたいですね。また、何でもまねをしながら吸収していく時期です。
表・1歳~1歳半の成長と遊び

1歳~1歳半の成長と遊び


1歳児前半におすすめの遊び方
<ふれ合い遊び>
  • むすんでひらいて(グーパーの簡単なまねができるように)
  • トントントントンひげじいさん(手を添えて動かしてあげるうちに、次第にまねして自分でやるように。最後に手を置く場所は、ひざ、顔、おなか、お尻など変化をつけて)
手遊び「とんとんとんとんひげじいさん」の説明

手遊び「とんとんとんとんひげじいさん」


<おもちゃ遊び>
ままごと遊び

ままごと遊び

  • ボール遊び(まだ手首は上手に使えないけれど、小さなボールも前に放れるように)
  • ままごと遊び(包丁で“サクッ”の感覚が楽しい)
  • 積み木(崩すのも赤ちゃんの仕事!)
  • マグネット遊び(くっつく感触にやみつきに)
  • プルトーイ(引っ張って歩くおもちゃ。あんよの楽しみが倍増)

<外遊び>
水の感触、噴水の形の変化を楽しむ。

水の感触、噴水の形の変化を楽しむ。

  • 手を添えて段差の上り下り(関節を柔軟にし、色々な身体の動かし方を知る)
  • 砂遊び、水遊び(色々な感触を体験)
  • 抱っこしてブランコ(全身で楽しみながらバランス感覚を刺激)
 

1歳6ヵ月~2歳の時期におすすめの遊び

■成長の様子と遊びのポイント
記憶力が育ってきて、意味のある言葉が出始めます。考えて何かをしようとする様子が盛んに見られるようになります。遊びの中でも、そのような部分を刺激して伸ばしてあげましょう。
表・1歳半~2歳の成長と遊び

1歳半~2歳の成長と遊び


■1歳児後半におすすめの遊び方
<ふれ合い遊び>
  • 「とうきょうと にほんばし」(楽しさを期待させ、笑いを引き出すわらべ歌遊び)
最後はコチョコチョ、の展開にドキドキワクワク。

わらべ歌遊び「とうきょうとにほんばし」


<おもちゃ遊び>
おもちゃ遊び

おもちゃ遊び

  • ピースの少ないパズル遊び(形を見分ける、絵を完成させる)
  • ままごと遊び(「どうぞ」「ありがとう」「おいしいね」などの声がけに呼応して遊べるようになる)
  • 車のおもちゃ(またがって、蹴って進む)
  • 出したり入れたりができるおもちゃ(好奇心と想像力を刺激)

<外遊び>
  • 公園でかくれんぼ(完全に隠れず、見つかったら大げさにほめるのがポイント!)
  • 階段、滑り台などの複合遊具(危険がないよう見守りながら、少し難しいことにもチャレンジ)
ご紹介した遊びは、もちろん、それぞれの期間限定のものではありません。気に入った遊びは何度も繰り返しやらせてあげてください。例えば、同じままごと遊びでも、成長につれて「まねをする」→「自分でやる」→「料理をしたり人をもてなしたりする様子を見せる」など、周囲とのかかわり方を変えながら、遊び自体が成長していきます。そんな「遊びが育つ」様子を堪能しながら、お子さんの成長を楽しく感じ取ってください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。