ワンマンライブで見えてきた「アイドルの自覚」

ももいろクローバーZにハマったライターがアイドルを結成! 無事デビューライブを果たした……というところまでが前回紹介した「脱力系サブカルアイドル」ゆるめるモ!誕生物語。しかし、そこからがさらに大変だった……ということで、お待たせしました後編です!

画像

左よりゆみこーん(緑)、のんちゃん(赤)、ももぴ(桃)、けちょん(紫)、。2012年10月4日に結成された4人組アイドルグループ。2012年12月の初ライブ以降、「窮屈な世の中を私達がゆるめるもん!」をコンセプトに、ニューウェーブ、パンク、ヒップホップ、エレクトロなど多彩なサウンドをぶち込んだ楽曲に加え、ゆるさ満点のMCと佇まいでサブカル界隈を中心に話題を集める。


――昨年12月にステージデビューして、ワンマンにフェス、ファーストCD発売を経たゆるめるモ!ですが、プロデューサーから見て成長は感じます?

「すごい感じます。ぼく自身が驚いてますね。自分がどちらかというと褒めて伸ばすタイプで、あんまり厳しいこと言えないんですよ。自分がスカウトした負い目みたいなのもあって『今厳しく言っちゃうといなくなっちゃうんじゃないか?』って思っちゃって、それぞれの自意識が高まるのを待ってたんですね」

――あくまで自分の中から生まれてくるのを。

「それがワンマンくらいから皆の意識が変わりはじめて、ぼくに対しても『本音を言ってください』みたいな事言ってくれたりして。自分の中で変わり始めたのは嬉しかったですねー」

――やっぱりワンマンは大きかったですか。

「それまでは他のグループ込みで見に来たお客さんばっかりだったわけじゃないですか。でもワンマンというと彼女たちだけを見に来るわけで。集客的には80人程度でしたけど、『それだけの人たちが自分たちのことを見に来た』って事から、いろいろ自覚が生まれたみたいです」

――ワンマンイベントは普段の合同ライブだと歌と軽いMCくらいの所が、トーク長めだし各人の個性見えるコーナーもあって、ライブでは見れなかったメンバーのキャラクターが分かってくるのが見ても楽しかったですね。

「歌だけでなく、トークとかモノマネとかいろいろやらせたり、その日生誕祭だったのんちゃんが好きなフレネシさんぼく脳さんをゲストに呼んだりしたのもセルフプロデュースの意識が生まれてよかったんじゃないかな。『自分を出してもいいんだよ』って経験の場になれてよかったです。それにイベント後くらいから推しがうまい感じに4等分になったんですよ」

――人気が誰かに集中するんじゃなくて4等分に! そういう効果もあるんですねえ。