流行った曲をかけて、当時の思い出を語り合う!

 

 

ドライブ中の渋滞……夏休みの期間中はハマっちゃう事多いですよね。
ゆるゆるしか進まない車の中で段々眠気がぼわーーっと……ヤバイヤバイ。
そんな時にお薦めしたい眠気解消法は

ズバリ 「青春の思い出ナンバーをガンガンかけてのメモリートーク」!

NHKの朝ドラ「あまちゃん」の大ヒットもあって、今何かと注目されている80年代。
80年代のアイドルチューンを集めたコンピレーションアルバムも売れ行きを伸ばしています。

誰しも、自分がイキイキと輝いていた時代の事を思い出し話すとぐーんとテンションは上がるもの。
ドライブデート中に車内がぽわんとした眠気に包まれそうになったら、80年代や90年代に流行った曲をガンガンかけて当時の思い出をお互いに語り合っちゃうのです。

「あー、尾崎の’卒業’を聞いて青い空を見上げながら大人たちに’バカヤロー’って叫んでたよ、俺。」

「私はレベッカのNOKKOに憧れて高音ばっかり出してたら、声が涸れてしばらく超ハスキーボイスになったー。」等。

同世代なら同じ時代のナンバーで盛り上がれますし、年の差カップルなら、そこから「給食って何出てた?」と新たな世代ギャップトークが生まれること間違いなしです!
車内のトークが盛り上がって楽しくなれば、眠気はいつの間にか飛んでしまうもの。

1人の車内でハンドルを握っている時には、予め作っておいた「泣ける歌セレクション」をかけて、一緒に歌いながら思いっきり涙を流すというのは如何でしょう。涙にはストレスを軽減させる作用がありますので、ある意味一石二鳥かも!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。