ペイトーレイク

湖畔から眺める湖が多い中、ペイトーレイクは展望台から見下ろすため、湖の向こうの雄大な谷の風景も見えるのがプラス (C) Travel Alberta

湖畔から眺める湖が多い中、ペイトーレイクは展望台から見下ろすため、湖の向こうの雄大な谷の風景も見えるのがプラス (C) Travel Alberta

ボウレイクを過ぎると標高2000mを超えるボウサミットという峠の頂上に到着。この峠にある展望台から見られるのがペイトーレイク。なぜこんな色になるのかと考えさせられるほどの青い湖です。ただし、この展望台は積雪量の多い標高の高いところになるので、冬期は閉鎖。展望台がオープンするのは6月上旬から9月下旬までになります。

コロンビア大氷原・アサバスカ氷河

コロンビア大氷原の雪上車観光は、この観光最大のハイライト! (C) Brewster

コロンビア大氷原の雪上車観光は、この観光最大のハイライト! (C) Brewster

ペイトーレイクから1時間ほどのドライブで最大の見所コロンビア大氷原に到着。これまで遠くで見るだけの氷河でしたが、ここでは巨大なタイヤを履いた雪上車で、その氷河上へ行くことができます。

コロンビア大氷原の雪上車観光については、コロンビア大氷原の雪上車観光の記事をご参照ください。

床下の谷間だけではなく、前方に広がる山々や氷河の風景も秀逸の展望台 (C) Brewster

床下の谷間だけではなく、前方に広がる山々や氷河の風景も秀逸の展望台 (C) Brewster

2014年5月、コロンビア大氷原の先に、グレーシャースカイウォークという新しい展望台がオープンしました。谷間に突き出した展望台は床がガラス張り。しかもガラスの下には、深さ約280mの谷間の絶景が! スリルがあり過ぎるくらいなので、高所恐怖症の人には絶対におススメできませんが、話のタネに立ち寄りたいアトラクションです。

さて、バンフやレイクルイーズに滞在する人はここで折り返し。ジャスパーに向かう人はさらに先へ進みます。

<DATA>
Glacier Skywalk
営業期間:5月1日~10月19日
営業時間:10:00~17:00が基本。6月から9月上旬の繁忙期には時間を延長。逆に10月の閑散期には営業時間短縮あり
料金(5%税別):大人24.95カナダドル、子供(6~15歳)12.50カナダドル

アサバスカ滝

氷河の溶け水が大量に流れ出す夏は、水量が多く、大迫力! (C) Travel Alberta

氷河の溶け水が大量に流れ出す夏は、水量が多く、大迫力! (C) Travel Alberta

コロンビア大氷原を過ぎた後も、スタッフィールド氷河などの氷河を見ることができます。また、途中の観光ポイントとして、氷河が溶けた水が流れ落ちるアサバスカ滝があります。ナイアガラなどに比べると小さな滝ですが、手を伸ばせば、触れそうなほどの距離にある展望台で見られるため、迫力満点です。

ほどなく、ジャスパーに到着です。ジャスパーについては、ジャスパー/カナディアンロッキーの記事をご参照ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。