カナディアンロッキーの北玄関、ジャスパー

ジャスパー駅前を走るコンノートドライブ。これがメインストリート (C) Travel Alberta

ジャスパー駅前を走るコンノートドライブがジャスパーのメインストリート (C) Travel Alberta

カナディアンロッキー第二のリゾートであるジャスパー。多くの観光客がバンフからコロンビア大氷原の観光で折り返すこともあって、夏のピークシーズンでも、バンフほど込み合ってません。また、町自体が幅の広い谷にあり、山が遠いため、バンフに比べて、空が広く、開放的な雰囲気を持ちます。

この記事では、そんなジャスパーの基本情報や見どころをご紹介します。

ジャスパーへのアクセス

バンクーバーから到着したカナディアン号。20両を超える長~い編成 (C) Blue Works

バンクーバーから到着したカナディアン号。20両を超える長~い編成 (C) Blue Works

フライトの場合はエドモントンが最寄りの空港。または、バンクーバーからVIA鉄道の大陸横断列車「カナディアン号」でのアクセスも可能。詳しくはカナディアンロッキーへのアクセスの記事でどうぞ。

ジャスパーの町の位置関係

偶然なのか、ジャスパーの町はJasperの頭文字であるJの形 (C) Blue Works

偶然なのか、ジャスパーの町はJasperの頭文字であるJの形 (C) Blue Works

バンフに比べるとこじんまりした印象を受けますが、逆に夏の繁忙期でもバンフほど混雑せず、のんびりとした滞在が楽しめるのは大きなメリットです。町はVIA鉄道の駅を中心として、メインストリートのコンノートドライブ沿いに、ホテル、レストラン、お店が立ち並んでいます。フェアモント・ジャスパーパークロッジを除き、一番遠いホテルでも徒歩30分以内でアクセス可能。

フェアモント・ジャスパーパークロッジのみは、ジャスパーの町から完全に独立したひとつのリゾートで、徒歩でのアクセスは不可。車で15分ほどの距離です。

ジャスパー近辺の見どころ

ジャスパーは町の外に数多くの見所がありますが、駆け足で回れば、マウントロブソンを除く3つのポイントを1日で回りきることもできます。ただ、3つ回ると丸1日費やしてしまうので、マリーンレイクとトラムウェイ、マリーンレイクとエンジェル氷河といったように、2箇所程度に抑えたほうが、じっくり見ることができ、空いた時間をアクティビティや買い物に振り向けられますよ。

では、ジャスパーでここは見ておいて! というポイントをご紹介します。

ジャスパーといえば、とにかくここ! マリーンレイク

ジャスパーのみならず、カナディアンロッキーを代表する風景のひとつ。マリーンレイクのスピリッツ・アイランド (C) Travel Alberta

ジャスパーのみならず、カナディアンロッキーを代表する風景のひとつ。マリーンレイクのスピリット・アイランド (C) Travel Alberta

カナディアンロッキーでは環境保護のため、エンジン付きのボートの使用がほとんど認められていない中、この湖は数少ない例外。奥行き21kmという細長い湖の14km地点まで往復する、1時間30分のクルーズが催行されています。このクルーズの折り返し地点が、上の写真のスピリットアイランド。数々のCMなどで使用された、まさに「絵になる風景」で、この場所では一旦下船し、この風景を写真に収めることができます。

この湖も、冬は凍結しますので、クルーズが行われるのは夏のみ。例年6月初旬から10月上旬まで運行されていますが、運行の安全を保証するため、運行開始は完全に氷が溶けてから。6月下旬から9月中旬であれば、ほぼ問題ないでしょう。

<DATA>
Maligne Lake Cruise
運行時間:10:00~16:00。季節により変動あり
運行頻度:毎時0分発。1時間に1本
運行期間:6月初旬から10月初旬。気候により変動あり
料金:大人64カナダドル、子供32カナダドル
アクセス:ジャスパーから車で1時間半