ホワイトニング治療前後のお口元の写真

ホワイトニング治療前後のお口元の写真

突然ですが、審美歯科クリニックなどできちんとしたホワイトニング治療を受けたことはありますか? 美肌や美髪などのメンテナンスや、手足の爪や角質ケアなどのパーツケアは行っていても、お口元や歯を定期的にキレイにしている方は意外と少ないのではないでしょうか?

今回の記事では、そんな軽視されがちな歯のケアと、その効果についてご紹介します。

歯が白くなると若返る!?

お顔映りが良いということで、上半身や首もとに明るい色の服や小物を合わせることはありませんか? お顔の近くに明るいものがあると、お顔全体が明るく、若々しく見える効果があります。歯のホワイトニングも全く同じで、顔のパーツの一部である歯が白く明るいと、お顔全体がとても明るく、若々しく見えます。

日本人の平均的な歯の色は、やや黄色みがかっています。また、加齢や色の濃いもの(コーヒーや紅茶など)の習慣的な摂取、喫煙などにより、歯は少しずつ黄ばんでしまいます。歯の表面を覆っているエナメル質が薄くなってしまったり、ステインの付着によるものです。歯が黄ばんでいくことで、お顔全体が暗く見え、結果として見た目年齢を老けさせてしまっているのです。こうした黄ばみの原因を取り除き、クリニックで習慣的にお口元をケアすることで、お顔の印象は驚く程変わります。

あくまで一例ですが、私が院長を勤めているホワイトホワイトデンタルクリニックでホワイトニング治療を行われた患者さまからは「ホワイトニングをしたら若く見られることが増えました!」とおっしゃって頂くことが多いです。お口元に自信が持てたことで、笑顔が明るくなったということも、見た目年齢を下げる要因になっていると思います。

ホワイトニング治療に適した歯とは

ホワイトニング治療には、上に挙げたようなメリットがあり、特に女性には嬉しい効果もあります。ですが、どんな方にもホワイトニング治療が適しているわけではありません。

例えば
  • 幼少期の頃の薬剤摂取によるテトラサイクリン歯(歯に縞模様が出来ている状態)
  • 被せ物や詰め物が施してある、自分の歯ではない歯
  • 矯正治療中の歯
などです。

次ページでは、ホワイトニングに適していない理由と、治療のメリットなどをご紹介します。