牛乳パックはキャンプに欠かせない立派な調理器具!

 

 丈夫で防水性のある牛乳パックは、まな板として最適


我が家では、キャンプの泊数分、洗って開いた牛乳パックを持って行きます。いったい何に使うのかは、その形状からすぐにおわかりいただけるかと思うのですが、丈夫で防水性のある牛乳パックは、まな板として最適なのです。

牛乳パックは何枚も重ねなくても一枚で十分です。

そして、役目を果たしたあとの「牛乳パックまな板」は、そのまま焚火の焚き付けに。火付きは素晴らしく良いものの、すぐに燃え尽きて灰になってしまう新聞紙とは違い、牛乳パックはゆっくり長く燃えてくれるので、薪に火を移したいときにはもってこいの素材なのです。

そして、特筆すべきは、牛乳パックの「底」部分。ここはかなり頑丈に出来ていますので、スクレーパー代わりに使えます。シリコン製のスクレーパーのような柔軟性はありませんが、鍋やフライパンの汚れ落としには十分です。こちらも、役目を終えたあとは、焚き付けにします。

牛乳パックの調理器具としての活用法は、キャンプを楽しむようになって間もないころ、アウトドアの師匠とも言うべき方に教わりました。

後からわざわざ洗う手間が省けるうえに、焚火にも使えて、しかもタダ。非常に軽くてかさばらないのも、キャンプではありがたいですね。

牛乳パックはキャンプに欠かせない立派な調理器具です。




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。