将棋の歴史を学ぼう!日本の伝統文化を自由研究の題材に

悩んでいるお子さんはいませんか

自由研究……。
 この言葉に、いやな思い出はないですか。ガイドにはあるのです。なにせ、自由研究と言うくせに、やらない自由はない。強制研究ですから……。子どもの頃のガイドにとって、それは、楽しい夏休みを暗黒の日々に変える呪文のような言葉でした。今、この瞬間も悩まされ、苦しんでいるお子さんがいるのではないでしょうか。いやいや、お子さんだけではありません。ご家族の方も一緒に頭をかかえていませんか? 心配ご無用。この私が、みなさんをお救いしますぞ。
   

将棋の歴史を自由研究の題材にしてみよう

将棋は日本の伝統文化です。小中学生の皆さん、その起源や歴史、特徴などを自由研究の対象にしてみてはいかがでしょうか? 将棋を指せる人も、まったく知らない人も、きっと、その魅力を知ることになるでしょう。今回はお子さん達へ、自由研究ガイドです。
 

将棋の起源

起源はインドのチャトランガ

起源はインドのチャトランガ

将棋の起源は、インドと言われています。インドで生まれた「チャトランガ」という競技が、西洋に伝わり「チェス」になり、中国に伝わり「象棋(しゃんち)」になり、日本に伝わり「将棋」となったと言うのです。ちなみに、この3つは世界の三大将棋とされています。

チャトランガはおよそ紀元前300年から200年頃に生まれたとされています。日本で言えば、縄文時代から弥生時代の頃ですね。
 

チャトランガのエピソード

チャトランガが生まれるにあたっては、おもしろいエピソードも残っています。紹介しましょう。
 
戦争をやめた王様/ガイド画

戦争をやめた王様/ガイド画

むかしむかし、戦争好きの王様がいました。王様は他国との戦争を繰り返し、国民は、ほとほと、まいっていました。大臣達も「これでは国が滅びてしまう」と気をもんでいました。そこで、知恵者と評判の若いお坊さんに相談しました。

「何とか、王様に戦争をやめさせる方法はないものか?」

若いお坊さんは「考えてみましょう」と約束しました。

数日後、そのお坊さんが宮殿にやってきました。手に持っているのは、盤と駒。
「王様、これはチャトランガと言うゲームです。チャトランガとはゾウ、馬、車、歩兵の4つを表す言葉です。これは、相手と知恵で戦うゲームです。どうぞ、やってみてください」

王様はチャトランガに夢中になり、戦争どころではなくなりました。国民は皆喜び、チャトランガを楽しんだそうです。
 

日本の将棋の歴史

奈良の大仏も将棋好き?

奈良の大仏も将棋好き?

日本に将棋が伝わったのはいつ頃だったのか? はっきりした答えはありません。けれども、おそらく奈良時代から平安時代にかけて、ではないかと言われています。奈良の大仏様も将棋が伝わってきたことを知っていたかもしれませんね。(画像はNHK「大仏開眼」で使われた等身大セットをガイドが撮影し、加工したものです)
 
お殿様も将棋が大好き

お殿様も将棋が大好き

それから、時を経て、およそ室町時代の終わり頃に現在の将棋が完成されたそうです。豊臣秀吉さんも大の将棋好きだったそうで、勝つと子どものように喜んだそうです。

江戸時代に入ると、幕府には将棋所が設けられました。八代将軍吉宗(暴れん坊将軍で有名ですね)さんの頃からは、毎年11月17日に将軍の前で将棋を指してみせる「御城将棋(おしろしょうぎ)」が開催されるようになりました。ちなみに日本将棋連盟は、この日を 「将棋の日」としています。

幕末から明治にかけて活躍した福沢諭吉さんも大の将棋ファンで、後に名人になる小野五平さんを支援しています。
 

将棋の駒は個性豊かな8種類

玉将と王将

玉将と王将

将棋には「王将」「金将」「銀将」「桂馬」「香車」「角行」「飛車」「歩兵」の8種類の駒があり、それぞれの動き方が違います。また、敵陣に入れば、パワーアップします。これを成駒(なりごま)と言います。

また、あまり知られていないことですが、正式な駒には「玉将」と「王将」の2種類があります。働きは同じですが、年長者や上級者が「王将」を持つことになっています。その他、駒の動き方や並べ方などをもっと詳しく知りたい人は以前のガイド記事「将棋のルールを覚えよう」を参考にしてください。

 

駒の並べ方にも作法がある

大橋流の並べ方

大橋流の並べ方

お茶に茶道、お花に華道があるように、将棋には棋道(きどう)とよばれるものがあります。将棋という競技が文化と呼ばれるのは、この棋道があるからなのです。棋道は、将棋の強さだけでなく、競技としての美しさ、品格を追求し、人間としての精神を成長させようというねらいがあります。たとえば、駒を並べるのにも、作法があるのです。図は大橋流と呼ばれる並べ方です。数字は、駒を置いていく順序を示しています。
 

なんと、将棋には審判がいない

将棋には審判がいません

将棋には審判がいません

将棋という競技の特徴として審判がいないことがあります。対局者が礼儀を守り、正々堂々と勝負するのが将棋です。だから、始まりの合図もありません。終わりの合図もありません。お互いに挨拶をし合うことが、そのかわりになるのです。ですから、特にマナーが大切にされ、発展してきました。詳しく知りたい人は以前のガイド記事「将棋のマナーと作法を覚えよう」を見てください。
 


 

日本将棋だけの特徴(持ち駒)

相手から取った駒は駒台に置く

相手から取った駒は駒台に置く

「チェス」も「しゃんち」も「将棋」も盤と駒を使い、そのルールも似ています。けれども、将棋だけが持つルールがあります。それは、取った相手の駒を自分の駒として使える「持ち駒」というルールです。

なぜ、この持ち駒ルールが日本の将棋にだけできていったのかは、はっきりしません。けれども、一説には、次のようなことが言われています。

日本人には「昨日の敵は今日の友」ということわざがあります。また、たとえば、戦国時代は、敵の大将が降伏すれば、その部下達を自分の軍に雇い入れたと言われてもいます。この精神が、独特の持ち駒ルールを生んだのではないかという説です。
 


 

現代将棋のタイトルそしてコンピューターとの勝負

七冠を達成した羽生さん

七冠を達成した羽生さん

現在、プロ棋士の将棋タイトルの主なものは7つあります。「名人」「竜王」「王将」「棋聖」「棋王」「王座」「王位」です。すべてのタイトルを同時に獲得した棋士は羽生善治さん(関連記事)、ただ一人です(平成25年現在まで)。ちなみに羽生さんが七冠を手にしたのは、1996年の2月14日、つまりバレンタインデーでした。

これはタイトルではありませんが、2012年には、コンピューターソフトとプロ棋士が対戦する「電王戦(でんおうせん)」も登場しました。平成25年には第2回も行われていますが、通算戦績は、ソフトの4勝1敗1引き分けで、その圧倒的な強さを発揮しています。ただし、羽生さんはこの電王戦に参加していませんし、渡辺明さんは現役竜王として、ボナンザというソフトに勝利した経験を持っています。ですから、ソフトと人間との勝負はまだ決着を見たわけではなさそうです。
 

将棋の盤と駒

将棋の盤と駒

将棋の盤と駒

将棋の盤には、布製、ビニル、板、などいろんなものがあります。しかし、プロ棋士の名人戦などの対局では、最高級のカヤという木を材料にした物が使われます。なんと、その厚さ20cm。重さは20kgを超える物もあります。小さな子どもには、重くて持てませんね。

駒はプラスチック製や木製の物があります。プロが使うのは最高級の物で、ツゲという木を材料にした物です。駒の字もいろいろで、芸術作品として楽しむ人もいます。駒の有名な生産地は、山形県天童市。日本一です。天童市は、中学生の全国大会や、人間将棋(人間が駒になり広場で行われるイベント)でも有名です。
 

終わりではなく……

家族で将棋を指してみませんか

家族で将棋を指してみませんか

どうでしたか?将棋の起源、歴史、特徴を紹介してみました。これで、あなたの自由研究は大丈夫。家族でにっこりほほえむ姿が目に浮かびます。でも、これで終わりではなく、実際に家族で将棋を指してみてはいかがでしょう。きっと、その楽しさに、心が弾むはずです。私のガイドもこれで終わりではありません。これからも、どうぞ、よろしく。



【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。