自由研究……。
悩んでいるお子さんはいませんか

悩んでいるお子さんはいませんか

この言葉に、いやな思い出はないですか。ガイドにはあるのです。なにせ、自由研究と言うくせに、やらない自由はない。強制研究ですから……。子どもの頃のガイドにとって、それは、楽しい夏休みを暗黒の日々に変える呪文のような言葉でした。今、この瞬間も悩まされ、苦しんでいるお子さんがいるのではないでしょうか。いやいや、お子さんだけではありません。ご家族の方も一緒に頭をかかえていませんか? 心配ご無用。この私が、みなさんをお救いしますぞ。

 

将棋を自由研究の題材にしてみよう

将棋は日本の伝統文化です。小中学生の皆さん、その起源や歴史、特徴などを自由研究の対象にしてみてはいかがでしょうか? 将棋を指せる人も、まったく知らない人も、きっと、その魅力を知ることになるでしょう。今回はお子さん達へ、自由研究ガイドです。


将棋の起源

起源はインドのチャトランガ

起源はインドのチャトランガ

将棋の起源は、インドと言われています。インドで生まれた「チャトランガ」という競技が、西洋に伝わり「チェス」になり、中国に伝わり「象棋(しゃんち)」になり、日本に伝わり「将棋」となったと言うのです。ちなみに、この3つは世界の三大将棋とされています。

チャトランガはおよそ紀元前300年から200年頃に生まれたとされています。日本で言えば、縄文時代から弥生時代の頃ですね。

 


チャトランガのエピソード

チャトランガが生まれるにあたっては、おもしろいエピソードも残っています。紹介しましょう。

戦争をやめた王様/ガイド画

戦争をやめた王様/ガイド画

むかしむかし、戦争好きの王様がいました。王様は他国との戦争を繰り返し、国民は、ほとほと、まいっていました。大臣達も「これでは国が滅びてしまう」と気をもんでいました。そこで、知恵者と評判の若いお坊さんに相談しました。

「何とか、王様に戦争をやめさせる方法はないものか?」

若いお坊さんは「考えてみましょう」と約束しました。

数日後、そのお坊さんが宮殿にやってきました。手に持っているのは、盤と駒。
「王様、これはチャトランガと言うゲームです。チャトランガとはゾウ、馬、車、歩兵の4つを表す言葉です。これは、相手と知恵で戦うゲームです。どうぞ、やってみてください」

王様はチャトランガに夢中になり、戦争どころではなくなりました。国民は皆喜び、チャトランガを楽しんだそうです。

 


日本の将棋の歴史

奈良の大仏も将棋好き?

奈良の大仏も将棋好き?

日本に将棋が伝わったのはいつ頃だったのか? はっきりした答えはありません。けれども、おそらく奈良時代から平安時代にかけて、ではないかと言われています。奈良の大仏様も将棋が伝わってきたことを知っていたかもしれませんね。(画像はNHK「大仏開眼」で使われた等身大セットをガイドが撮影し、加工したものです)

 
お殿様も将棋が大好き

お殿様も将棋が大好き

それから、時を経て、およそ室町時代の終わり頃に現在の将棋が完成されたそうです。豊臣秀吉さんも大の将棋好きだったそうで、勝つと子どものように喜んだそうです。

江戸時代に入ると、幕府には将棋所が設けられました。八代将軍吉宗(暴れん坊将軍で有名ですね)さんの頃からは、毎年11月17日に将軍の前で将棋を指してみせる「御城将棋(おしろしょうぎ)」が開催されるようになりました。ちなみに日本将棋連盟は、この日を 「将棋の日」としています。

幕末から明治にかけて活躍した福沢諭吉さんも大の将棋ファンで、後に名人になる小野五平さんを支援しています。