生を刻んで食べてもおいしい茗荷茸は、天ぷらにしてもおいしい

 

 茗荷茸(みょうがたけ)の天ぷら

 

 茗荷の青い若茎

 

 堅い皮をむいた、真ん中の柔らかい部分


あの紫いろした茗荷ではなく、茗荷の青い若茎を食べます。切って食べても、茗荷はちゃんと生えてくるはずなので大丈夫です。

堅い皮をむいて、真ん中の柔らかい部分を食べます。生を刻んで食べてもおいしいのですが、今日は天ぷらにしました。

材料

  • 天ぷら粉
  • 茗荷茸
  • 揚げ油

作り方

  1. 茗荷の青い若茎を、地面から2~3cm残してきりとって、外側の堅い皮をむく。
  2. 適当な長さに切る。
  3. 天ぷら衣をつけて油で揚げる。

■【参考】みょうがたけの記事
http://allabout.co.jp/gm/gc/73502/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。