ダイエットと水分補給

水分を何で補給していますか?

何で水分を補給していますか?

普段、何気なく口にしている飲み物ですが、1日に飲む水分の種類と量を記録してみると、気づかないうちに「砂糖」をとり過ぎていることがわかります。

1日に缶コーヒ(加糖)2本、野菜ジュース1本、スポーツドリンク1本、オレンジジュース1杯。これだけの飲料を摂取すると、なんとスティックシュガー33本分(1本3g)に相当し1日に砂糖を「約100g」も摂取していることになります。

ダイエット中の水分補給は、むくみや便秘の解消など水分代謝をアップさせるためにも必要不可欠ですが、「水」で水分補給をすることがおすすめです。甘いジュースや炭酸飲料を「水」にチェンジするだけでもダイエットにつながります。

 

1日に必要な水分補給の目安量

1日に必要な水分量の目安は「体重×30ml」です。例えば、体重50kgの人は「50kg×30ml=1500ml」が1日の水分量の目安となります。

食事から水分も摂取できているのであくまでも目安ですが1日の水分摂取の目標にしてみましょう。また夏場やスポーツをする方は、少し多めの「体重×40ml」が目安量です。

ダイエットに効果的な水分補給のタイミング

効果的な水分補給の仕方

水分補給のタイミングがポイント

いくら水分補給がダイエットにつながるからといっても一気にガブ飲みするのはNG。一気に沢山飲んでも体内で水分が吸収しきれず、すぐに排出されてしまいます。

■理想的な水のとり方
(1日2000ml目安の場合)
  • 起床後       ・・・コップ1杯 (約200ml)
  • 朝食時       ・・・コップ1杯 (約200ml)
  • 朝食と昼食の間 ・・・コップ3杯 (約600ml)
  • 昼食時       ・・・コップ1杯 (約200ml)
  • 昼食と夕食の間 ・・・コップ3杯 (約600ml)
  • 夕食時       ・・・コップ1杯 (約200ml)
食事中に沢山水分を摂取すると、唾液が薄まり消化活動が弱まってしまいます。また水で食べ物を流し込むことになり、消化不良や早食いにもつながるので食事中にとり過ぎるのはNGです。ポイントは食間に多く摂取し、夕食以降は入浴後以外は水分摂取を減らすことでむくみ防止にもつながります。

また飲んだ分は、1日に7~8回はトイレに行き排泄(尿)も心がけましょう。冷たい水は体を冷やすので常温か白湯がおすすめです。

水の種類

水にもいくつか種類があります。水の硬度は「水中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量(カルシウムイオンとマグネシウムイオンの量)」を表したものです。

■軟水
硬度100以下のもの。日本の水の硬度はおよそ20~60の間に入り、ほとんどが軟水で普段飲むのには一番日本人に合い飲みやすい水です。

■硬水
硬度101~300のものを中硬水、硬度301以上のものが硬水です。ヨーロッパや北米などの水は硬度が高くミネラル分が多いのが特徴です。夏場やスポーツをする方は、汗とともにミネラルが奪われてしまうのでミネラル補給に役立ちます。またミネラルが便をやわらかくし排便を促すのに役立つため便秘気味の方にはおすすめですが、日本人は普段から軟水を飲み慣れているため、特に胃腸が弱い方は下痢を招くこともあるので注意が必要です。硬水は、夏の水分補給や便秘がちな方におすすめです。

■炭酸水
炭酸水は胃で炭酸が膨れるため、満腹感につながり食べ過ぎ防止に役立ちます。食べ過ぎの傾向にある方は、食中やお腹が空いた時に活用するとよいでしょう。

様々な種類の水が販売されているので、飲み比べをして自分に合った水を見つけるのも楽しいですね。ダイエット中は、特に「水」で水分摂取を心がけ代謝をアップさせながら巡りのよい体作りをしていきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。