VIRONと同じ経営による食堂

ラ・カンティーヌundefinedサントル

ラ・カンティーヌ サントル

昼と夜で異なる名前とスタイルを持つパン屋さんが2013年6月21日、有楽町にオープンしました。

昼間はサンドイッチカフェを併設した食パン専門店「セントル・ザ・ベーカリー」。夕方18時以降は同じ場所で、パンとワインが愉しめる食堂「ラ・カンティーヌ サントル」としてガラリと雰囲気を変えるのです。

この記事ではラ・カンティーヌ サントルをご紹介します。セントル・ザ・ベーカリーについてはこちらをご覧ください。
セントル・ザ・ベーカリー
昼はサンドイッチカフェ、夜はフレンチ食堂

昼はサンドイッチカフェ、夜はフレンチ食堂


異なるお店になるので、昼間のサンドイッチメニューと食パンの販売は、夕方以降はありません。ラ・カンティーヌ サントルでは近くのVIRON(ヴィロン)から届くバゲットをはじめとするパンに、ワイン、ワゴンでサーヴィスされるさまざまなチーズ、そしてハムやサラミなどのシャリュキュトリや料理を楽しめます。
オープンキッチンで料理を作る様子が見える。

オープンキッチンで料理を作る様子が見える。

炭火。ストウブの牛の鍋がユニーク

炭火。ストウブの牛の鍋がユニーク


ルイス・ポールセンのライトやフリッツ・ハンセンの家具を設えた店内は56席、オープンキッチンでひろい厨房の前にもカウンター席があります。大きな相席スタイルのテーブルは人数の多い集まりにも対応できるでしょう。また、奥まった部屋は食に関する本が置かれていて書斎風になっており、くつろいで夜の食事を楽しめそうです。
奥の部屋

奥の部屋