『華麗なるギャツビー』から学ぶ、選ばれる女子の共通点

F・スコット・フィッツジェラルドの小説『The Great Gatsby』を基に、バズ・ラーマン監督が映画化して話題の『華麗なるギャツビー』(大ヒット公開中)。
 
華麗なるギャツビー

(c)2013 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.


舞台となる1920年代のアメリカは、狂乱の20年代といわれ、豪華絢爛な世界を彩る華やかな衣装やジュエリー、ド派手なパーティーシーンなど、見所はたくさんありますが、注目したいのは、ミステリアスな大富豪、ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)の人生の謎に深く関わるデイジー(キャリー・マリガン)という一人の女性の生き方です。

作品の中で、「女の子はそれが一番。“美しきおバカさんが”」というデイジーのセリフがあります。かわいいおバカさんになるのが女の一番の幸福だという彼女のこの印象的なセリフは、実際にF・スコット・フィッツジェラルドの妻ゼルダが出産した直後に言った言葉だそうです。

裕福な家庭に育ち、流行の最先端のファッションでパーティーの中心にいたゼルダとデイジーには多くの共通点があります。

悲劇的ではあるけれど、自分を取り巻く周囲の視線に敏感で、つねに注目を浴びる存在の彼女たち。今回は、“選ばれる女性”の共通点について掘り下げて考えてみたいと思います。

選ばれる女性の特徴

まず、選ばれる女性には、選ぶ側の無責任な視線に耐える強さが必要です。自分の周りに人が多ければ多いほど安心できる、注目の的であることがヒロインには必須の条件。
 
ギャツビーとデイジー

(c)2013 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.


「大きなパーティーが好き。くつろげるもの。小さいと人目が気になる」というのは、ギャツビーのパーティーでも目立つ存在で、社交界の華でもあるプロゴルファーのジョーダン・ベイカー(エリザベス・デビッキ)のセリフです。物怖じしない大胆な彼女は、気遣いが求められる小さなパーティーよりも、ゴージャスなパーティーに親しみを感じる女性です。

・ 流行に敏感
・ 社交的で華やかな存在
・ 男性の興味を引く目立つ言動で注目を集めやすい
・ 退屈と孤独が苦手
・ おだてに弱い
・ 飽きっぽい

1920年代のニューヨークではなくても、現代の私たちの身近にも思い浮かぶ顔があるような……。時代が変わっても、選ばれる女性には、ある共通の特徴があるのです。
 

男性の翻弄する運命の女性

小説『The Great Gatsby』の作者F・スコット・フィッツジェラルドにとってのゼルダ、映画でレオナルド・ディカプリオが演じたギャツビーにとってのデイジーが夢に描く自分の理想の人生にとって必要な運命の女性だったように、人生の目標を思い描こうとするときに強烈な印象を残せるかどうか。
 
The Great Gatsby

(c)2013 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.
 

取り戻せない過去に執着したギャツビー。デイジーへの一途な情熱は彼を追いつめることになります。彼女の結婚相手と相応しい男になろうとして出来る限りのこと、すべてを捧げたギャツビーですが、それは理想を買おうとしているのと同じこと。F・スコット・フィッツジェラルドがゼルダとの結婚生活を維持するために、お金に苦労したことと重なります。

羽振りがいい男性についていく(付き合うとお金がかかりそうな)、美しくて、流行に敏感で、社交界の華のような存在はいつの時代でも男性を翻弄し、確実に需要があることは確かです。

でも、選ばれた後に幸せになれるかどうか……。この作品を通してもう一度考えてもいいかもしれません。お金では買えない価値や人生を豊かにしてくれることを知っていれば、選ばれた後の悲劇さえ、避けられると思うのです。
 

作品情報『華麗なるギャツビー』

作品情報

(c)2013 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.

キャスト:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン
監督・製作・脚本:バズ・ラーマン
脚本:クレイグ・ピアース
原作:F・スコット・フィッツジェラルドの小説『THE GREAT GATSBY』が基
美術・衣装:キャサリン・マーティン
公式HP:www.gatsbymovie.jp
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2013 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.

【関連記事】
遠距離になる直前の告白はアリ?タイミングや台詞は?
遠距離恋の片思い……最初の一歩と最適アプローチ法とは
辛い遠距離恋愛のコツと、乗り越えるための対処法5つ
『美女と野獣』から学ぶ ムリめな愛を手に入れる方法
20代でも婚活につまずく人、40代でアッサリ再婚する人
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。