新宿のおトクで絶品ランチ

東京も梅雨まっさかり。じめじめとした日が続きます。こんな時は、辛いものを食べてたっぷり発汗! は、いかがでしょう? 今回紹介するのは、新宿にある四川料理のお店です。味はもちろんのこと、ランチタイムのコスパがハンパじゃない! おトクな名店をご紹介します。

天府舫(テンフファン)」は、新宿西口•小滝橋通りからちょっと入った路地にあります。店主と料理長は、本郷にある有名店「栄児家庭料理」から2011年に独立しました。ふたりとも四川の出身で、本場の味をそのまま再現しているのが特徴です。

花椒の香りが突き抜ける!

さて、ランチのおすすめ、まずは「麻婆豆腐定食」(800円)。麻婆豆腐にご飯、スープ、小鉢、デザートがついて、ご飯はお替わり無料。これだけでも、おトク感はありますよね(すべての定食に付く。麺は大盛り無料)。でも驚きなのは、こちらのお店、ランチタイムは、味付け玉子と、なんと水餃子までも食べ放題なのです! もちろん追加料金は一切なし。
麻婆豆腐定食undefined800円

麻婆豆腐定食 800円

しかも、その麻婆豆腐のお味たるや。テーブルに置かれた瞬間から匂い立つ花椒の芳しい香りにノックアウト。この香りの秘訣は、その品質の高さばかりでなく、毎月四川から取り寄せ、密封保存することで、鮮烈な香りを維持しているのだそう。

そして口に含むと、複雑な辛さが舌に響きます。これは何種類もの唐辛子を使った自家製ラー油によるもの。辛さの中にも、ほのかな甘みや香ばしさも感じられます。そこに豆板醤などの深い味わい、挽き肉の旨味が加わり、ご飯が止まらなくなるほどの美味しさです。

調味料の配合が味の決め手

お次は「汁なしタンタン麺」(880円)を。こちらは、麺を和えるタレに特徴があります。なんと20種類以上もの調味料を独自にブレンドしているので、複雑な旨味を実感できるでしょう。なんでも醤油だけで、4種類も使用しているのだそう。またこの料理に使われる定番の芝麻醤をあえて加えないことで、すっきりとした味わいに仕上げているのです。これまた、たっぷりと使われる自家製ラー油がしっかりといきているのです。湯通しした豆苗の食感や、青ネギの香りがアクセントに。
汁なしタンタン麺undefined880円

汁なしタンタン麺 880円

次のページでは、ピリ辛チャーハンと夜のメニューもご紹介!