旨い寿司ならデパートへ!

旨い寿司を食べたい時、あなたはドコにいきますか? 銀座は少々敷居が高いし、築地は店選びが難しい……。そんな時、ぜひおすすめしたいのがデパートの中にある寿司屋さん。意外かもしれませんが、良心価格でとびっきり良いネタを出す店が数多くあるのです。都内のデパートにある寿司屋を食べ歩いて、「これぞ!」と私が太鼓判を押した店だけをご紹介します!

デパートの中の寿司屋さんとひとくちに言っても2種類があります。レストラン街にある店とデパ地下にある店。レストラン街にある店は比較的広々としていて、テーブル席も豊富。4名以上や家族での利用には打ってつけ。デパ地下にある寿司屋さんは、ほとんどがカウンターのみのこじんまりとした店構え。でも、板前さんとの距離が近く臨場感が味わえるのが特徴です。

カウンター7席のみの穴場店を発見!

まずご紹介したいのは、デパ地下寿司屋さん代表、日本橋三越本店の本館地下1階にある「紅はし(くはし)」。カウンター7席のみの小さなお店で、ネタの良さとコストパフォーマンスの高さが特徴です。こちらは、お決まりの「葵」(2625円)を注文すると目の前の板前さんが一貫ずつ握って出してくれるスタイル。いきなりカウンターパンチを食らってしまったのが、脂ののり具合も絶妙な中トロ。旨味をたっぷり含んだ脂が口の中でとろけだします。

そして、お次は身のシャッキリしたカンパチ。甘えび、アジは新鮮さがうかがえます。そして、うれしいのはウニとイクラは軍艦ではなく小丼で供されること。貫数が少なめでもこの小丼でお腹は大満足。最後にふんわりと淡雪のような繊細さの穴子に江戸前の技を感じさせてくれました。

板前さんの威勢のいいかけ声も飛び交い、店内は活気にあふれています。休日には行列ができるほどの人気だというから、狙い目は平日。粒マスタードと合わせた「金目鯛の炙り」(1貫577円)やその日仕入れたばかりの平目を昆布でしめた「平目の昆布締め」(525円)もぜひ食べほしい逸品です。このお値段でこの味。文句の付けようがありません!

次ページでは、新宿伊勢丹内にあるレストラン街の寿司屋をご紹介します。



店外にあるショーケースには持ち帰り用の寿司も販売している。
■紅はし(くはし)■

【所在地】:東京都中央区日本橋室町1-4-1日本橋三越本店地下1階

【電話番号】:03-3241-3311(大代表)

【アクセス】:東京メトロ銀座線ほか三越前駅より 徒歩1分
    
【地図】:Yahoo!地図情報

【営業時間】月~土 11:00-20:00(L.O.19:00)
      日・祝 11:00-19:30(L.O.19:00)

【定休日】:不定休

【備考】:お決まり握りは「日本橋」(2100円)~「紅」7140円まで。
     ※ネタは仕入れによって変更します。