クライネ・レビン症候群の症状

大食い

クライネ・レビン症候群の特徴は、睡眠欲と食欲の異常な亢進です

ほぼ1日中眠っている過眠発作が数日から数週間続く過眠期と、まったく正常に戻る間欠期を繰り返す睡眠障害を、「反復性過眠症」あるいは「周期性過眠症」といいます。この反復性過眠症の中でも、過眠期に食欲が異常に強くなって、食べる量も回数も増えるのが「クライネ・レビン症候群」です。

クライネ・レビン症候群はまれな病気で、世界でもまだ200例ほどしか報告されていません。多くの患者さんが10歳代で発症し、男女比は4:1で男性に多く見られます。

風邪などの発熱、心身の疲労、深酒、頭のケガ、麻酔などがきっかけで、クライネ・レビン症候群になったという報告があります。また、過眠期の2~3日前から、軽い眠気や疲労感、倦怠感、頭が重い感じ、注意力や集中力の低下、胃腸症状などがみられることがあります。

過眠期には、とても強い眠気に襲われて、昼夜を問わず1日の半分以上を眠って過ごします。強い刺激が加わると目を覚ましますが、すぐまた眠ってしまします。トイレに行きたくなれば、自然に目覚めて自分でトイレに行きます。

クライネ・レビン症候群では過眠期の覚醒中に、食欲が異常に亢進するほか、性的な異常行動や放火・ひったくりなどの犯罪行為を起こすことがあります。意識のレベルも少し落ちていて、もうろうとしていたり、抑うつ、不安、焦り、不機嫌などを示すこともあります。

過眠期が終わりに近づくと、睡眠時間が次第に短くなり、気分が爽快になってきます。数日間、軽い躁状態になることもあります。過眠期は人によって、急に終わる場合とゆっくり終わる場合があります。

クライネ・レビン症候群の治療と予後

いくつかの治療法は試みられていますが、患者さんの数がとても少ないため、多くの患者さんに共通して効果がある治療法は、今のところ分かっていません。覚醒効果がある薬をつかっても、過眠症状をすこし軽くできるだけで、過眠発作をなくしたり過眠期を短くできません。

予防としては、過眠発作の誘因となる発熱や深酒、心身の疲労を避けると、間欠期を延ばすことができた、という報告があります。

多くの患者さんで、クライネ・レビン症候群にかかった初めのころは、1~2週間の過眠期を何度も繰り返します。時間とともに間欠期が長くなり、過眠の程度も軽くなりますが、過眠期の長さは延びることが多いようです。

一般的に長期予後は良く、大部分の患者さんで10歳代で発症し、30歳頃までに自然に治っています。


【関連サイト】
ダイエット失敗の原因は睡眠関連食行動障害かも!?
生理の前に眠くなる「月経関連過眠症」とは?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項