今いちばん気になるイギリス王室の香水!

解説画像

ポロ / ラルフ ローレン

イギリス王室のロイヤルベイビー誕生のニュースをご覧になりましたか? 将来のイギリス国王となる方ですから世界各国で話題となっていますね。ウィリアム王子とキャサリン妃の仲睦まじい様子はとても微笑ましく、理想のロイヤルカップル。ところで、この二人の間にはどのような香りが漂っているのでしょう。ウィリアム王子はあまり香水をつけないというお話もありますが『ブレナム ブーケ / ペンハリガン』や『ポロ / ラルフ ローレン』を愛用されているようです。

未来の国王のお母様、キャサリン妃愛用の香水は?

解説画像

ホワイト ガーデニア ペタル / イルミナム

ではキャサリン妃はどうでしょう? 愛用の香水として『デューン / クリスチャン ディオール』や『フルリッシモ / クリード』などの名前が挙げられますが、やはり結婚式の日にまとった香り『ホワイト ガーデニア ペタル / イルミナム』でしょう。 イギリス人パフューマーであるマイケル ボーディ氏によるこのフレグランスブランドはまだ日本にローンチしていませんが、今年の2月にニューヨークでチェックして来ました。

ガーデニア=クチナシの花ですが、この『ホワイト ガーデニア ペタル / イルミナム』はトップにはベルガモット、そしてカシス、ミドルノートはジャスミン、ガーデニア、イランイラン、そしてラストノートはウッディでとても静かです。ホワイトフローラルブーケノートで日本で咲くクチナシのしっとりとした感じというより、すっきりとしてゴージャスな香り立ちです。

香水から見る王室の人間模様

解説画像

ケルク フルール / ウビガン

それではキャサリン妃が敬愛しているという故ダイアナ妃の愛用香水は?というと『ディリッシモ / クリスチャン ディオール』の名前がまず挙がります。また『24 フォブール / エルメス』も。結婚式の日には『ケルク フルール / ウビガン』をまとっていました。

エリザベス女王は英国王室御用達フレグランスブランドであるフローリスの香りである『ホワイト ローズ / フローリス』を好んでいます。

ところで、故ダイアナ妃の愛用した香水の資料に関する資料を探してもイギリスのブランド名が出て来ません。それに反して新進ブランドではありますがイギリスのブランドの香りをまとうキャサリン妃は自身の立場をよく理解して行動しているようです。「香りはその人を表現する大切なアイテム」。ロイヤルファミリーの愛用香水からも人間模様が見えてくるようです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。