三崎朝市は午前5時から大盛況

『三崎朝市』の美点はリーズナブルな価格設定にあります。たとえば、夕方からのホームパーティのために買い出し、といったニーズにぴったり。魚も野菜も「基本、まとめ買い」です。郷には入れば郷に従えです!
屋台ではマグロの解体も

屋台ではマグロの解体も

県道26号線で三浦半島を南下し「三崎公園」の三叉路で三崎港に突き当たったら右折。クルマはその先を左折した新港駐車場に駐めましょう。ここは朝市のお客さん用に日曜の午前4時から8時まで無料。それ以降も30分100円とリーズナブルで安心です。
近海ものも、種類豊富でリーズナブル

近海ものも、種類豊富でリーズナブル

さて三崎まで来たのですから、朝市の帰路、城ヶ島に寄るのはいかがでしょう。城ヶ島にはなんとも昭和なお土産物屋さんの路地があったり、遊覧ボートや灯台があったり、かなりなごめます。午前中早くだったら駐車場も空いています。
三崎と城ヶ島を結ぶ、全長500mの城ヶ島大橋

三崎と城ヶ島を結ぶ、全長500mの城ヶ島大橋

三崎から、城ヶ島へは、全長500mの城ヶ島大橋を渡るだけ。通行料は普通車が100円(3ナンバーは150円)往復分を、島に向かう往路に払うシステムです。

そうそう、朝市に出かける際はクーラーボックスと、保冷剤をお忘れなく。どちらもこれからの季節、必需品です。

ちなみに三崎から都心へ戻るには三浦縦貫道から横々道路、首都高と乗り継ぐのが便利です。日本道路交通情報センターによると横々道路、日曜の上り渋滞は逗子IC-朝比奈IC間で17時をピークに、15時から19時との予測。三崎から最寄りの三浦縦貫道 林ICまでも午後かなり早くから渋滞が始まるので、できればお昼前に三崎を出て帰路につきたいところです。

三崎朝市
住所:神奈川県三浦市三崎5丁目3806番地先
TEL:046-881-4488
毎週日曜のみ営業 5:00~9:00
(都心から高速道路利用で約80km、約1時間30分)
地図:Yahoo!地図情報

次のページでは鴨川の海鮮料理の名店『船よし』をご紹介