ソウルフルで「かっけぇ~!」スズキ歴史館へ

浜松は、乗り物好きにはたまらん町です。世界に名だたる日本のオートバイにはHONDA、YAMAHA、SUZUKI、KAWASAKIの4ブランドがありますが、明石市に拠点を置くKAWASAKIを除く実に3ブランドが浜松周辺で誕生。今や世界一の企業となったTOYOTAグループ創業者、豊田佐吉も、本田宗一郎も浜松近郊の出身。鉄道ファンから絶大なる支持を得ている走る文化財、天浜線も走っています。
夏の新東名

浜松へはスムーズで快適な新東名でも

東京と大阪のほぼ真ん中に位置する浜松は、天竜川や浜名湖といった豊富な水資源などに恵まれ、古くから「ものづくり」が盛んでした。それゆえ魅力的な産業観光施設が数多くあります。それでは、のりもの天国、浜松ドライブに出発しましょう。

まずは、SUZUKIの記念碑的四輪、二輪モデルを一堂に集めた「スズキ歴史館」に。ここはHPからか電話(いずれも下記ご参照ください)で予約してから行くのがベターです(社内イベント等で突然休館することもあるそうです)。
スズキ歴史館内観

館内には二輪、四輪の記念碑的モデルがずらり

SUZUKIのバイクデザインには独特の風合いがありますが、それが一堂に会すると、モダンアート、しかもポップカルチャーの趣きが。1973年に発表されたジウジアーロデザインのロータリーエンジン(!)搭載モデル、RE-5の「近未来ティスト」にもトキメキますが、より私の胸に沁みたのは‘77年にリリースされたマメタン50の健気なまでのポップさでした。
スズキ歴史館 RE-5

1973年の発表と同時に世界中にSUZUKIの名を知らしめた、ロータリーエンジン搭載のRE-5

これは21世紀的にも褒め言葉だと思うのですが、SUZUKIは日本で最もプリミティブな二輪、四輪メーカーだと思います。そしてこの「スズキ歴史館」を訪ねれば、SUZUKIのソウルに触れられます。ある意味、世界中のバイク好きにとっての秘宝館。あまちゃん的にいえば「かっけぇ~!」のひとことです。

■スズキ歴史館
住所:静岡県浜松市南区増楽町1301 
tel:053-440-2020
開館時間:9:00~16:30(予約制) 
休館日:月曜日、年末年始、夏期休暇等 
入館料:無料
見学は要予約。詳細は下記HPに
http://www.suzuki-rekishikan.jp/
地図:Yahoo!地図情報
(最寄りの東名高速 浜松西ICよりクルマで約14km、約25分)

次のページでは、世界のHONDAの故郷へ