企画展示が素晴らしい! 要注目の美術館

 

 

千葉の超穴場スポットとしてお勧めしたいのが、メタルアート・ミュージアム・光の谷です。地元北総出身の金属工芸作家「香取秀真」と「津田信夫」の常設展示がある私設美術館ですが、公式ホームページに「千葉県印旛沼湖畔にある、四季折々花も楽しめる美術館です。」とある通り、印旛沼にほど近い周辺環境が素晴らしく、ドライブの途中に立ち寄るのに最適な立地です。

お勧めのポイントは、ずばり企画展示の素晴らしさにあります。過去に実施された企画展示の内容が、アルバムになって閲覧出来るようになっているのですが、その縦横無尽な企画力は素晴らしく、目が釘付けとなってアルバムをめくる手が度々止まる程。アートにあまり詳しくない私が、そのような状態になるのですから、アート好きには断然お勧め。お年を召された館長の企画力がきらりと光る、要注目の美術館と言えます。

実は美術館の横の道は、成田方面への抜け道として地元民に愛用されている道でもあります。付近には千葉県を代表する樹齢300年を超える孤高の一本桜「吉高の大桜」もありますし、足を伸ばせば無料エリアと有料エリアがある体験博物館「千葉県立房総のむら」にも行ける交通の要衝なので、付近の地理を理解しておくとドライブに役立ちます。

■メタルアート・ミュージアム・光の谷
住所:千葉県印西市吉高2465
電話:0476-98-3151
入館料:大人500円
営業時間:10:00~18:00(4~9月)、左記以外は17:00まで(入館は30分前まで)
定休日:月曜日・祝日の翌日(ただし、土・日曜日は開館)、年末年始、展示替日
アクセス:www.jade.dti.ne.jp/~mam/access1.html
HP:www.jade.dti.ne.jp/~mam/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。