ラーメン構造とは、建物を垂直方向の柱と水平方向の梁で主に支える構造のこと。一戸建ての木造軸組工法と似たような構造で、中高層マンションで用いられることが多い。

ラーメン構造のマンションは住戸内の壁で建物を支える必要がないので、リフォームで間仕切り壁を動かすことが比較的しやすい。リビングを広い空間にするといったプランも可能だ。その代わり、太い柱や梁が住戸内に出っ張って家具を置くのにじゃまになることもある。未完成マンションの間取り図をチェックする場合は、柱や梁がどこに出るかも確認する必要があるだろう。

一方、2×4工法の一戸建てと同じように壁で建物を支える構造が壁式構造だ。ラーメン構造が「線」で建物を支えるのに対し、壁式構造は「面」で支える形状となり、中低層のマンションで用いられる。

壁式構造は柱や梁が室内に出ないので、部屋を広く使えるメリットがある。ただし、住戸内の間仕切り壁が建物を支える「耐力壁」であることが多く、その場合はリフォームで間仕切りを移動させることができない。また、窓などの開口部の大きさもラーメン構造に比べて制約を受けることが多くなる。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。