空港ー市街地間の交通手段

パッケージツアーであれば現地添乗員さんが到着ロビーでお迎えしてホテルまで送ってくれますが、個人旅行の場合は以下の方法でホテルへ移動します。

■タクシー
タクシー

タクシーは24時間十分な台数が待機しています

両替所の隣に24時間営業のタクシーチケットカウンターがあり、空港からホテルまでの移動はそちらでチケットを購入します。街のホテルまでは30リンギット、ネクサスは75リンギット、ラサリアは90リンギット。深夜23:00~6:00の間は深夜料金で5割増になります。

行き先を告げてチケットを買ったら、そのまま奥に進みKFCの横のドアを出るとタクシー乗り場です。白い空港専用タクシーが沢山並んでいるので、そちらの先頭車両の運転手さんにチケットを渡し、行き先を告げて乗り込みます。

なお現在コタキナバルではUber、Grabといったライドシェアアプリも利用可能です。

■空港シャトルバス
到着ロビーに出たところに空港シャトルバスのチケット売り場があります

シャトルバスカウンター

日中空港と市街地との間にはエアポートバスも走っています。料金は片道5リンギット。8:00~20:30の間の45分おきで、街側のバス停はホライズンホテル裏またはムルデカ広場前。本数が少なく乗降場所も限られているため利便性はあまり高くありません。

出発時の流れ

コタキナバル中心部のホテルからタクシーで空港に向かう場合、通常はフライト時刻の2時間前にホテルを出れば国際線でも十分間に合います。ただし平日の16:00~18:00は渋滞があるので、2時間半前には空港に向けて出発するようにしましょう。

空港に着いたらチェックインは3階の出発フロア。保安検査場の入口は国際線と州外線(クアラルンプール、ペナン、クチンなど)は同フロアの奥、州内線(サンダカン、タワウ、ラハダトゥ)はひとつ下のフロアと分かれています。

国内線でも入出国審査!? 到着・出発時の注意点

州内線

第1ターミナルの州内線搭乗ゲートは一つ下の階。サンダカン、タワウ、ラハダトゥ行きはこちらから

クアラルンプール乗り継ぎで国内線に乗り換えて到着した際、またコタキナバルからクアラルンプールへの出発時など、国内線なのにイミグレーションでパスポートのチェックがあり入出境のスタンプを押されます。

これはマレーシアの中でも東マレーシア(ボルネオ)のサバ州、サラワク州は自治権を持っており、西マレーシアの入国管理局とは別に州独自の入国管理を行なっているためです。

日本からクアラルンプール乗り換えで来られる場合には、クアラルンプールで一旦入国→出国手続きをして国内線に乗り換え→コタキナバル到着時に再度入国手続き、という流れになります。

出発時、国際線/国内線という区分けではなく国際線&サバ州外線/サバ州内線という区分けで出発ゲートが分かれているのもそのためです。帰国や乗り換えの際には十分ご注意ください。

※営業時間や料金などのデータは2017年5月時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。